最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ジェリー“ザ・キング”ローラー “テネシーのキング”はおしゃべりの王様――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第60話>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ジェリー“キング”ローラーといえば、WWEホール・オブ・フェーム授賞セレモニーの司会者、1990年代後半から2000年代にかけてのWWEの人気番組“マンデーナイト・ロウ”の名解説者としてのイメージがあまりにも強いが、1980年代の地方分権テリトリー時代は“テネシーの王様”だった。

いちども引退宣言はしていないから、いまでも現役といえば現役である。気が向いたときだけ試合をすることが許されるのも“キング”の特権ということになるのだろう。

テネシー州メンフィス生まれで、少年時代をオハイオ州で過ごし、ザ・シークとその一座“ビッグ・タイム・レスリング”を観て育った。

16歳のときに父親の仕事の関係でメンフィスに戻り、それからは初代“テネシーの王様”ジャッキー・ファーゴJackie Fargoの大ファンになった。

日本でこそそれほど知名度は高くはないが、第二次世界大戦後の1950年代から1970年代にかけてテネシー・マットの絶対的な主人公はジャッキー・ファーゴだった。

ファーゴは、プロレスラーのタイプとしては同時代を生きたバディ・ロジャースに代表される金髪の古典的なヒールで、サザン・スタイルの基本を構築した人物である。

メンフィスはエルビス・プレスリーが暮らした町だから“キング”という称号はひじょうに身近なものだったのかもしれない。

ジェリー・ローラーは、いわゆるアスリート系ではなくて、どちらかといえば文系の学生だった。

メンフィス州立大でコマーシャル・アートを専攻し、18歳のときにファーゴの似顔絵を描いて本人にプレゼントしたというエピソードが残っている。

学生時代からアルバイトでラジオのDJのまねごとをはじめ、地元KWAMラジオでトーク番組を持っていたというから、もともとおしゃべりの才能があったのだろう。

21歳のときにファーゴにレスリングの手ほどきを受け、気がついたらプロレスラーになっていたということらしい。

あこがれのジャッキー・ファーゴといっしょにいられるのがうれしくて、1971年に大学をやめてメンフィス‐ナッシュビルのサーキットに合流した。

テリトリーのボスはニック・グーラスNick Gulas,ビル・ゴールデンBill Golden,ジェリー・ジャレットJerry Jarrettの3人だった。

新人だったローラーは1973年の夏、ジョージアに武者修行の旅に出て、このときにツアー仲間でよくタッグを組んで試合をした“キング・オブ・レスリング”ボビー・シェーンBobby Shaneから「これからはキミがこれを着ろよ」と王様の王冠とケープをプレゼントされた。

やはり、ローラーはいずれ“キング”の道を歩む運命にあったのだろう。ローラーに王冠をくれたボビー・シェーンは、それから2年後、セスナ機事故で突然この世を去った(1975年2月20日=フロリダ州タンパ)。

ローラーは、それからずっとその王冠とケープ――友だちだったボビー・シェーンの形見――を肌身離さず持ち歩くようになった。

ローラーを全米スケールの有名人に変身させた“事件”は、コメディアンのアンディ・カウフマンとの決闘だった(1982年4月5日=テネシー州メンフィス)。

ローラーは、テレビのドキュメンタリー番組の撮影クルーを引き連れてメンフィスまでやって来たカウフマンを容赦せずバックドロップで後ろ向きに投げ落とし、テネシーでは“禁じ手”(自動的に反則負け)になっているパイルドライバーで脳天からキャンバスに突き刺した。

もちろん、メンフィスのオーディエンスはこの展開に狂喜した。

カウフマンは「打ち合わせどおりにやらなかった。ローラーが裏切った。告訴する」とコメントした。

ふたりはその後、人気トーク番組『デビッド・レターマン・ショー』にもいっしょにゲスト出演し、ここでも場外乱闘を演じた。

この因縁ドラマのディテールとそのてん末は、カウフマンの短い生涯をつづった映画『マン・オン・ザ・ムーン』(ジム・キャリー主演=1999年)にくわしく描かれている。

1980年代の“南部の王様”ローラーは、いわゆるテネシー・スタイルの場外乱闘、大流血戦、デスマッチを得意とするサザン・スーパースターだった。

“遠征嫌い”として知られ、テネシーとケンタッキー以外の土地ではあまり試合をしなかったが、カート・ヘニングを下してAWA世界ヘビー級王者にもなったことがあった(1988年5月9日=メンフィス)。

AWA本部(バーン・ガニア)が提示したスケジュールを無視したため王座はハク奪されたが、ローラーはチャンピオンベルトを返さず、結果的にはこれがAWA崩壊の遠因になった。

1989年にはプロデューサーとしてテネシーUSWAとダラスWCCW(フリッツ・フォン・エリック代表)の合併を実現させ、みずからが“統一世界チャンピオン”を名乗った。

AWA・USWA世界統一ヘビー級王者ジェリー・ローラー対WCCW世界ヘビー級王者ケリー・フォン・エリックの“統一世界戦”がPPV放映されたこともあった。

ローラーは、現役の世界王者として、また、団体オーナーとして“アンチWWE”“反ビンス・マクマホン”の立場を明確していたが、1992年12月、WWEと電撃契約を交わして関係者を驚かせた。

WWEにおけるローラーのいちばん有名な因縁ドラマは、“キング”の称号をめぐるブレット・ハートとのシングルマッチ・シリーズだろう(1995年6月25日=PPV“キング・オブ・ザ・リング”フィラデルフィア大会)。

1997年以降は“マンデーナイト・ロウ”“ショットガン・サタデーナイト”“スマックダウン”などのカラー・コメンテーターとして活躍。

しかし、引退宣言はせず年に数試合ずつのペースでリングに上がりつづけ、マンカインド、ブッカーT、クリス・ジェリコらミレニアム世代のスーパースター、CM・パンク、ダニエル・ブライアン、ドルフ・ジグラーら親子ほどトシの離れた21世紀のWWEスーパースターズとも闘った。

●PROFILE:ジェリー・ローラーJerry“The King”Lawler

1949年11月29日、テネシー州メンフィス出身。1970年、デビュー。得意技はトップロープからのフィスト・ドロップとパイルドライバー。“テネシーの王様”として一世を風びしたレスラー・プロモーター。AWA世界ヘビー級王座、CWA世界ヘビー級王座、USWA・WCCWユニファイド統一世界ヘビー級王座と1980年代から1990年代前半にかけて――NWA系譜でもWWE系譜でもない――ありあとあらゆる“世界王座”を手中に収めた。2012年7月、心臓発作で長期欠場。同年11月、復帰。現在もWWEでTVコメンテーターとして活躍するかたわら、現役選手としても全米各地のインディペンデント団体で試合をおこなっている。

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス