最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

フジ伊藤利尋&山崎夕貴アナ、『とくダネ!』加入に対照的な反応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●絶望でおなかを下す
激しい視聴率競争が繰り広げられる朝の情報番組。トップを走るNHK『あさイチ』に、井ノ原快彦&有働由美子の名コンビ卒業という大きな変化が起こる中、20年目に突入したフジテレビ系『とくダネ!』(毎週月~金曜8:00~)に、『みんなのニュース』を担当してきた伊藤利尋アナウンサーと、『めざましテレビ』『ノンストップ!』を担当してきた山崎夕貴アナウンサーという看板アナが加入した。

バラエティ番組の経験も豊富な2人が早速、情報番組に新たな風を吹かせている印象だが、このインタビュー前編では、番組に加わって半月が経過した2人に、どんな心境で臨んでいるのかを聞いた――。

※山崎アナの「崎」は、正しくは「立つ崎」

○現場からの誘いがうれしかった

――『とくダネ!』の起用を聞いたときの心境はいかがでしたか?

伊藤:さまざまなキャスティングのパターンがある中で、今回は昔から知ってるディレクターが「一緒にやりませんか?」と言ってくれたんです。現場の人間としては、それを粋に感じて、単純にうれしかったですね。

――3月まで担当されていた『みんなのニュース』は、伊藤さんが現地入りするなどして力を入れていた震災被災地の熊本や福島で、視聴率が横並びトップだったじゃないですか。その中での担当番組の変更というのは、志半ばという気持ちではないですか?

伊藤:取材先との向き合いについては、『とくダネ!』でも引き続き、丁寧に謙虚に取り組みたいと思います。小倉(智昭)さんを中心に『とくダネ!』が守ってきたものがある中で、どういう変化をもたらすと番組がより輝きを増すかという方法論の中に、僕と山崎という人間をキャスティングするという考えが現場から出てきたというのが、出役としてはうれしいことだし、頑張らなければいけないと今は思っています。そのディレクターに「おまえが頑張るなら、俺も頑張る」という話をしたのを覚えてますね。

山崎:そんな経緯があったんですね…。

――熱いですね! 山崎さんはいかがでしたか?

山崎:私は伊藤さんみたいに、冷静に受け止められなかったんです。突然アナウンス室から「山崎は『とくダネ!』だ」って言われて、私が!?っていう青天の霹靂でした。バラエティに出演して、『めざましテレビ』でもエンタメ担当で、明るいニュースを中心にしか扱ったことがなかったので、『とくダネ!』のような番組にMCで就くなんてないだろうと思ってたんです。だから、できない自分しか想像できなくて、「絶対私には無理!」っていう絶望で、おなかを下してしまいました(笑)

伊藤利尋1972年生まれ、兵庫県出身。慶應義塾大学卒業後、95年にフジテレビジョン入社。『めざましテレビ』キャスター、『めざましどようび』MC、『知りたがり!』MCなどの情報番組や、『とんねるずのみなさんのおかげでした』、『ネプリーグ』(天の声)、『VS嵐』(同)、『IPPONグランプリ』などのバラエティ番組で活躍し、15年4月から『みんなのニュース』メインキャスター。18年4月から『とくダネ!』MC。現在は他に、『ジャンクSPORTS』『なりゆき街道旅』のナレーターを担当。

伊藤:今回の起用は僕のほうが先に決まって、山崎はまだ調整中という時期があったんです。で、そのときにアナウンス室の衣装室で、山崎と一緒になって、大きな鏡の前でツーショットになる瞬間が生まれたので、「おはようございます。『とくダネ!』です」と言ってみたら、山崎は「なに言ってるんですか~!」って言ってきて、「ああ、まだ知らされてないんだな」と確認しました(笑)

山崎:「伊藤さんと2人で『とくダネ!』なんてやるわけないでしょう!」って言いました(笑)

――でも、お2人の起用は、われわれ視聴者もビックリしましたよ。

伊藤:僕らもですよ! まさかですよね。

山崎:始まって1日目で、やっと実感がわきました。会見のときも「本当にあるのかな?」と思ってましたから。
○緊張で口の中がカラカラ

――1週目の金曜日のエンディングで、山崎さんは「どっと疲れました」とおっしゃってましたね。

山崎:1週間が1カ月のように感じました…。本当に脳が疲れます! 今まではスポーツ紙の芸能面を読んできたので、番組の準備のために一般紙を読み込むという作業は、私にとってすごく時間がかかるんですよ。空き時間も脳をフル回転で使ってるんで、毎日が眠くてしょうがなかったです(笑)。本番も緊張しいなので、伊藤さんがいつこっちに振ってくるかと思ってドキドキして、口の中がカラカラなんです。

――MC業務だけでなく、「NEWSヤマサキ調べました」のコーナーでプレゼンもされますから、そちらの準備も大変じゃないですか?

山崎:あのコーナーは、笠井(信輔)アナウンサーと一緒に打ち合わせをして、その後にMCとしての準備をするので、慣れていない私にとっては効率よく準備ができず、脳細胞もフル稼働して、もうヘトヘトなんです…。

伊藤:でも、心配性で、ある程度きちんと準備をしておかないとOAへ臨むにあたって不安だというのは、山崎のいいところだと思うんですよ。今回の『とくダネ!』が決まった後、アナウンス室で勉強をし始めていましたし。

山崎:もう、それ言わなくていいですよ!

●小倉さん、ちょっと嫌がってました(笑)

○夢の中でプレゼンしながら目覚める朝

――どんな勉強してたんですか?

伊藤:ニュースって日々変わるし、何を勉強していいか分からないじゃないですか。山崎は、インターネットで、「ニュースの言葉」を1つずつ見て、それをノートに書き写してるんですよ。

山崎夕貴1987年生まれ、岡山県出身。岡山大学卒業後、10年にフジテレビジョン入社。『ヤマサキパン』『めざましテレビ』『ノンストップ!』『ダウンタウンなう』『フルタチさん』などを担当し、18年4月から『とくダネ!』MC。現在は他に、『ワイドナショー』『モノシリーのとっておき~すんごい人がやってくる!~』『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』などを担当。18年3月29日、お笑い芸人・おばたのお兄さんと結婚。

山崎:日々の新聞を読んで自分なりの考えをまとめておくっていうことは、私も分かってはいるんですよ。でも、新聞を読むにあたって私は言葉の意味が分からないものもあるので、まずそれを調べるしかなかったんです。不安で不安でしょうがなくて、一生懸命ノートに書き写しているのを見られて、すごく恥ずかしくて…。

伊藤:「旭日旗」って調べてましたよね。でも、そういうタイプの人間のほうが、僕はいいと思うんですよ。我々の仕事というのは、OAに臨むにあたって隙がないようにしておくべきですからね。

山崎:でも、最初の1週間の朝は、夢か現実か分からない状態で、夢の中でプレゼンしながら目覚めていました。不安すぎて脳が寝てないんですよ! 1週間たってちょっと落ち着きましたけど、最初の1週間は精神的な疲労がすごかったですね。

――おなかのほうはもう大丈夫ですか?

山崎:はい。そっちは『とくダネ!』が決まってから1週間で収まりました(笑)
○小倉智昭から「1回思いっきりやってみろ」

――伊藤さんは1週間やってみて、いかがでしたか?

伊藤:まだ小倉さんも気を遣ってくださっていますし、探り探りのところはありますけど、23年の社歴のうち、20年は情報番組ですから、"なじみ感"はありますね。

山崎:スタッフが本当に優しいんですよ! こんなペーペーの私がMCをやるので、もうちょっと厳しい反応かなと思っていたんですけど、私のレベルに合わせてくれて、「山崎さん、一緒に頑張りましょう」って仲間として迎え入れてくれるんです。

伊藤:そこは、20年という『とくダネ!』の番組の歴史が紡いできたスタッフの一体感というのもあるでしょうね。

――山崎さんは前任の梅津弥英子アナから、アドバイスをいただいたりしたんですか?

山崎:生活スタイルが違って、なかなか会う時間がなんです。(『とくダネ!』初代アシスタントの)佐々木恭子さんとは『ワイドナショー』で一緒なので、コメントを求められたときにどうするかという話を聞きました。あと「本番前のMC打ち合わせのときに、ある程度自分の意見を言ったりしておくと、スタジオでも参加できるようになるよ」というアドバイスを(2年目の)海老原(優香アナ)にしているのを、盗み聞きして(笑)

伊藤:悪い女でしょ?(笑)

――伊藤さんは、例えば笠井アナから何かアドバイスみたいなのはあったんですか?

伊藤:具体的にはないですけど、僕と笠井さんのやり方はきっと違うと思うんですよね。スタジオ展開の部分においては、小倉さんにも「1回思いっきりやってみろ。俺がついていく」と言われているので、もちろん齟齬があったらそこは修正していかなくてはいけませんが、今はまず思いっきりやるのみです。小倉さんは相当気を遣ってくださっていると思いますけど、一方である種すごく僕と山崎を認めてくださっているとも感じていますので、それに応えていかなければという思いです。

山崎:伊藤さんが認められているのは分かりますけど、私は自信ないです。一体何を求められているのか…。

○『ノンストップ!』で真顔の練習

――『ワイドナショー』で古市憲寿さんに「『とくダネ!』だと"おすまし"してる」と指摘されていましたよね。

山崎:もうちょっと余裕が出てきたら、自分らしさを出したいなとは思ってるんですが…。

――でも、「触らない痴漢」の話題に入るとき、急に小倉さんの耳元にフーっと息を吹きかけたじゃないですか。あれは、山崎さんらしいと思いましたよ(笑)

山崎:スタッフと話し合って、ああいうやり方はどうだろうということでやってみました。小倉さん、ちょっと嫌がってましたよね(笑)

伊藤:あれは面白かったよねえ(笑)。70歳のベテランキャスターが、横からいきなり息を吹きかけられて困惑するなんて、なかなか見られないですよ(笑)。でも、ここで堅いニュースでも自分らしさを出すことができたら、山崎はひと皮もふた皮もむけるチャンスですよね。

山崎:『ノンストップ!』のときに、設楽(統)さんが「『とくダネ!』に行くんだから、山崎さんがヘラヘラしないように、真顔の練習したほうがいいよ」と言って、みんなの前で真顔をしてみたら、全員吹き出しちゃったんですよ。でも、もう真顔は板についてる感じですよね?

伊藤:それくらい誰でもできるわ!

――『ノンストップ!』のみなさん、優しいですね!

山崎:LINEのグループがあるんですけど、「夕貴さんが今日一生懸命プレゼンしてた」「これまでの夕貴さんと違う」って言ってくれて。この後、みんなで飲みに行きます(笑)

※後編に続く

外部リンク(マイナビニュース)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス