最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

元NHK登坂淳一アナが『ワイドナショー』で無反省ぶりを露呈…松本人志も勘違い発言で歪んだ性暴力認識の垂れ流し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「麿」の愛称でおなじみの元NHKの登坂淳一アナウンサーが、本日放送『ワイドナショー』(フジテレビ)に出演。「週刊文春」(文藝春秋)2018年2月1日号によるセクハラ報道により、今月からスタートする予定だった『プライムニュース』(フジテレビ)降板後、初めての地上派テレビ出演で、自らのスキャンダルについて語った。

まず騒動を振り返ると、事件が起こったのは、2011年6月のこと。当時、登坂アナは北海道放送局に勤務しており、夕方のニュース番組『ネットワークニュース北海道』などを担当していた。

「週刊文春」報道によれば、取材後の打ち上げの二次会の席で問題は発生した。その飲食店のトイレ前の廊下で、当時20代だった契約キャスターの女性に対し、数回にわたりキスを迫った挙げ句、ブラウスに手を入れて胸をまさぐり、さらに、スカートをまくりあげて下腹部にまで手を伸ばしたということだった。後日、登坂アナは上司を通じて、女性に謝罪したという。

登坂アナは東京からやって来たNHKを代表する看板アナウンサー。一方、被害女性はNHKのローカル局と契約を交わしたばかりの新人アナウンサー。圧倒的な力の差を利用した、悪質極まりないセクシャルハラスメントであり、パワーハラスメントである。拒む女性に対して性的な行動におよんだことから、強制わいせつでもある。

この記事が表沙汰になってからほどなくして、登坂アナは『プライムニュース』から降板することが発表された。

そして、問題の『ワイドナショー』である。

番組にて、登坂アナはセクハラ行為におよんでしまった理由について、「(お酒を飲んで)記憶が散漫だっていうのも少しありますし、そのときの自分の体調が良くなかったのもあって……」という発言で説明。

これに松本人志は「体調が良くないと、ちょっとエロになるんですか?」とツッコミを入れていたが、「体調が良くなかった」という説明は、ブラウスに手を突っ込んだりスカートをまくって下腹部を触ったりした行為の理由づけには、一切なっていない。

また、この『ワイドナショー』でもうひとつ驚いたのは、「謝罪」した先が、被害女性ではなく、フジテレビであったということだ。

芸能レポーターの長谷川まさ子氏から「今回の騒動から学ばれたことってありますか?」と質問された登坂アナは「これだけの反応になってしまって、新しい番組をせっかくオファーいただいたのに、その番組を良くしようとフジテレビの皆さんと考えていたのに、この騒動になってしまったので、迷惑をかけてしまって、本当に申し訳ないなと思います」と回答。フジテレビに対しては謝罪の意を表したものの、番組内で女性に対しての謝罪の言葉は皆無だった。

登坂アナは『ワイドナショー』放送に先駆けて、今月10日に発売されたばかりの「婦人公論」(中央公論新社)2018年4月24日号に出演。セクハラ騒動についてインタビューを受けているのだが、こちらもまた言い逃れの連続なのであった。

登坂アナは、セクハラの状況について次のように釈明している。

<体調が悪くなってトイレに行った私は、戻る際に段差につまずいてしまったのです。壁に頭を強打してうずくまっていたところ、ちょうど相手の女性もトイレから出てきて「大丈夫ですか?」と声をかけてくださいました>

<そこで私は、彼女が「セクハラを受けた」と感じるような行為をしてしまったのです>

「週刊文春」報道では、飲みの席でベタベタ触ってくる登坂アナに困った女性がトイレへ逃げ、それを登坂アナが追いかけたという話なのだが……。

また、そもそも、頭を強打しているところに「大丈夫ですか?」と声をかけてくれたから、その女性のブラウスに手を突っ込んだりスカートをまくって下腹部を触ったりしたというのも支離滅裂である。そして、ここから先の説明が、またさらにわけがわからない。

<当時、私は心身ともに相当弱っていました。新天地では他局との視聴率競争のプレッシャーもありましたし、それと同時に東京での報道の仕事が増えていたこともあり、いろいろな意味でギリギリの状態。まさにエネルギーを使い果たしてしまった、という感じでした。仕事をたくさん抱えるなかで、パワーがかなりダウンしていた。気持ちも不安定になり、それまでの自分ではないような、ヘンな感じになっていたのです>

<相当、追い詰められていたのだと思います。そういう時期だったからこそ、ちょっとした相手の気遣いや優しさによって、自分の中の何かが崩れていってしまったのかもしれません>

これがセクハラの言い訳にならないことは言うまでもない。

セクハラ行為は断じて許されることではないが、仮に酒に酔ってそのような行為を行ってしまったとして、まず正面から謝ることが求められる。登坂アナとしては心身の不調があったという認識なのだろうが、変な言い訳をつらつらと並べたて、余計印象を悪くしている典型例である。

ちなみに、『ワイドナショー』で松本は、この件について、「セクハラ、パワハラって、本当に境界線が難しくて、相手がどう思ってたかなんてそのときわかんないんですよね。そのときは楽しく飲んで、楽しく帰ったはずなんですけど、後でなんか言われるみたいなこともきっとあるんだろうなとは思います」とコメント。

ブラウスに手を突っ込まれたり、スカートをまくって下腹部を触ったりされて、「そのときは楽しく飲んで、楽しく帰った」という状況になるはずはない。触った側の認識に「彼女も楽しかったはずだ」という認知の歪みが生じているだけだ。ここでそういった一般論をもちこむのは、登坂アナ擁護のための話のすり替え以外のなにものでもない。

(倉野尾 実)

外部リンク(wezzy)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス