コブクロ、福岡・天神でサプライズシークレットライブを開催 3,800人のファンが熱狂 

SPICE

2018/4/15 22:00


4月15(日)、コブクロが福岡・天神(福岡市役所前・ふれあい広場)でシークレットライブを行った。

当日は、正午から天神の大ビジョンに「福岡・天神×コブクロ、今日、何かが起こる!?」と、最新MVとともに意味深な告知が。その噂を聞きつけたファンが会場の特設ステージ前に列を作り出していた。14時すぎには、コブクロがステージに登場し、公開リハーサル。すでに会場のボルテージは最高潮に。黒田俊介は、「これ。リハやで!こんなもんちゃうぞ これ2割やぞ」と、会場を笑わせ、本番に向けてさらに期待を高めた。


15時になり、メンバーが登場。「長らくお待たせしました。たくさんの方に集まって頂きました。シークレットフリーライブです!」と話し、会場から大歓声を受けていた。小渕健太郎は、「福岡は、西鉄 福岡天神駅のコンコースでも歌いました!警固公園でも歌いました。なんとここ(福岡市役所前・ふれあい広場)は4回目です!」と、インディーズ時代やデビュー直後に福岡で歌った経験を振り返った。そして、「短い時間ですが楽しんで行ってください、よろしくー!」と、フリーライブがスタート。


1曲目は、代表曲の「桜」をアコギ1本でしっとりと歌い上げ、会場を温かく包み込む。小渕は、「コブクロの始まりの曲『桜』を聴いて頂きました。ありがとう!僕ら、秋に20周年を迎えるんですけど、その前には、今日と同じようにギター1本で、マリンメッセ福岡でライブを行います。是非見に来て下さい」と話す。

続いて、漫画家・高野苺氏とのコラボで話題の新曲「君になれ」をアコギ1本で初披露。MCでは、黒田が、「ちょっと5分休憩!2人でやる(バンドなし)ってしんどいね」と、笑いながら本音トーク。小渕は、「コブクロは、今年の9月で20周年を迎えます。僕が生まれたのは宮崎ですが、福岡は憧れの街でした。福岡に就職して、その後大阪に転勤となり、そこで黒田と出会ってコブクロが生まれました」と、コブクロ結成のいきさつも話した。


そして、4月11日に発売となったばかりのニューシングルから、「ONE TIMES ONE」を、アコギ1本で初披露。「人との出会いが無限大の可能性を持っている」ことを歌っているという同曲を屋外で響かせ、集まったオーディエンスをうならせた。

その後のMCでは、小渕が「天神×コブクロ。本当にお集まりいただき、ありがとうございます!」と感謝の気持ちを伝える。すでに汗だくの小渕に、黒田が「人より発汗いいんやから、そのピンク色のブルゾンいらんやろ」と、ツッコミを入れる一幕も。

さらに、昨年の「HELLO, NEW DAY」に続き、今年もコブクロの2009年のヒット曲「虹」がKBC九州朝日放送主催の『RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント2018』大会公式ソングに決定したことを発表した。小渕は、「でも黒田『虹』覚えて無くて歌えないと思うけどな」と言うと、黒田は「こんなに侮辱されたことないわ」と反応し、セットリストの予定になかった「虹」にチャレンジすることに。「サビだけどんなのか教えて!」と小渕に教えてもらいスタートするが、小渕がギターを間違え、黒田が演奏を止めるアクシデントも。その後はしっかりサビまで歌い切った。

『RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント2018』は8月23日(木)から26(日)まで、福岡県糸島市の芥屋ゴルフ倶楽部で行われ、熱戦の模様はテレビ朝日系列で全国ネット放送予定だ。


また翌日の4月16(月)、KBC九州朝日放送のテレビ番組『アサデス。KBC』に生出演することも告知。コブクロとしては非常にレアな〝写真撮影OK〟を伝え、黒田は「そのかわり1回撮る度に100円もらうけどな」と、笑いをとりつつ、最後の曲「轍-わだち-」を披露。結局、終了までに3,800人もの人が集まり、大盛り上がりのフリーライブとなった。

5月にはツアー『KOBUKURO WELCOME TO THE STREET 2018 ONE TIMES ONE』がスタート。6月16日(土)17日(日)は、福岡マリンメッセ公演、9月16日には20周年記念の宮崎ライブの実施も決定している。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス