こんなにも差があるのか…都会に出て思う「田舎コンプレックス」4選

しらべぇ

2018/4/15 20:00


(KEITA SAWAKI/a.collectionRF/iStock/Thinkstock)

生まれ育った故郷から都会に出てきて、「自分って田舎者だ…」と感じたことがある人も多いのではないだろうか。そんな「田舎コンプレックス」を4つ紹介しよう。

(1)出身地を聞かれるのが恥ずかしい


出身地を聞かれたとき、答えるのが恥ずかしい…と感じる人もいる。

「田舎の代名詞みたいな田舎出身で、出身地を聞かれると正直恥ずかしい。何が有名なの? って聞かれても自然しかない。いいことなんだけどね。

出身地が東京や横浜ってかっこいいから、一度言ってみたい」(20代・男性)

(2)何もかもがコンプレックス


オシャレな場所に行くと、何をするにも周囲の目が気になってしまう人も。

「東京に出てしばらくは、自分の何もかもが気になっていた。服装や髪型、道を歩いているときのたどたどしさ。『あの人絶対田舎出身だよね』って陰で言われてそう、とか勝手に思ってしまう。

今でも、『やっぱり都会の人は違うな~』って思うことがある」(20代・女性)

(3)情報量の少なさ


地方にいると、ただでさえ情報が入ってくるのが遅いうえに、量も少ない。

「地方はテレビが4局しかないので、東京に出たときテレビの話題についていけなかった。小さい頃に見ていたアニメやバラエティの話をされても、さっぱりわからない。

東京にいたらテレビ以外のことに関しても、もっと情報をもっていたのに。情報が少ないのはコンプレックスになる」(30代・男性)

(4)選択肢が少ない


進学先や職業も限られ、将来の選択肢が都会より少ないため「世間知らず」と捉える人もいる。

「田舎は、職業の選択肢がない。だから、もう地元に戻らないつもりで上京してきた。

都会の人から、『地元で優秀な人はどんな仕事するの?』って聞かれて、銀行か県庁って答えると『あ~、やっぱりそうなんだ』と決まって言われる」(40代・女性)

■コンプレックスを感じやすい?


しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,354名を対象に「コンプレックス」について調査したところ、60代男性以外は、どの世代でも半数以上の人がコンプレックスを感じやすいと回答。

(©ニュースサイトしらべぇ)

たしかに都会のほうが情報や物、選択肢が多いかもしれない。「田舎者だから恥ずかしい…」と感じることもあるけれど、都会では経験できないこともたくさんある。

自分が生まれた故郷を、大切にしてほしい。

・合わせて読みたい→一生東京で消耗し続けたい!田舎暮らしはしたくない女子多数

(文/しらべぇ編集部・鎌田 真悠子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1,354名(有効回答数)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス