ゼイン・マリク、ジジ・ハディッドとの破局を語る 誰もが経験する“恋の4段階”とは?

新曲『Let Me』をリリースしたばかりのゼイン・マリクが、人気ラジオ番組に出演。そこで「この曲は8か月前に書いたもの。俺は恋をしていたんだ」などと語った。そのゼインは先日、モデルの恋人ジジ・ハディッドとの破局を発表したばかりだが、そもそも人の熱愛期間とはどれほど続くものなのか。

このほど『On Air with Ryan Seacrest』のインタビューに応じたゼイン・マリクが、新曲『Let Me』についてこう語った。

「8か月前に書いたものさ。」

「俺は恋をしていた。ある人に一生、恋心を抱き続けたいと思っていたんだ。みんな、そう思うものだろ? でも、いろんなことが変わってきてしまう。ただこれも人生、前に向かって進むのみさ。」

「まあ、そういうことを曲に込めたかった。そういうことだね。」

ジジ・ハディッドとは大変な熱々ぶりで、相性も良かったことから「将来はゴールインも?」などと思っていたファンも多いはずだが、結局は破局してしまった。不安症状を訴えショーをキャンセルするなどしたゼインをジジがサポートするなど愛ある関係を築いた末に別れた2人だが、恋という感情は「4つの段階を経る」と『today.com』は伝えている。

【1】好みの相手選び

【2】恋に落ちる(熱愛期)

【3】熱愛期の終わり

【4】本物の愛への変化

ちなみに【3】の段階は、どのカップルにも必ず訪れるとのこと。ドキドキ感がなくなった段階がこれに該当するといい、この段階で相手の素や現実を見て「再評価してみる価値がある」となれば、離婚や破局を回避できることが多いという。その段階をうまく乗り越えれば“映画のようなロマンス”を超越した真の愛情に目覚め、この【4】に該当する愛情は「年月の経過にともない、より深いものになる」そうだ。

しかし【3】の段階で「冷めた」「もう終わった」と判断し相手を見限るタイプの場合、相手に真の愛情を感じる経験はできないとのこと。残念ながらゼインとジジの恋も【4】に至ることなく終わってしまったが、華やかで美男美女が多い業界に身を置く2人だけに、【4】に至るのはとりわけ難しかったのかもしれない。

画像は『Gigi Hadid 2017年3月5日付Instagram』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス