山本彩、山本彩加と甲子園で“虎ヘッド”姿 『喝采』が流れ「感動しました」

NMB48山本彩が4月14日にSNSで「実はあーやんと甲子園行って来ました」とツイートしている。5期生の山本彩加(やまもと あやか)とは名前が似ており、ネームが書かれた衣装をうっかり間違えたこともあるほどだ。そんな2人が、虎ウィン グッズプレゼント企画でもらった“虎ヘッド”をかぶって仲良く並ぶ姿は微笑ましい。

この日は「阪神×ヤクルト」戦があり「阪神 0-6 ヤクルト」という結果だった。「負けました」と残念そうな山本彩だが、「でも!!!」と嬉しい出来事を明かしている。

阪神タイガースの秋山拓巳投手が2018年のホーム登場曲に山本彩の『喝采』を使っており、それが流れたので「甲子園で響き渡っているのを聴けて 夢みたいで感動しました」という。ゲームに負けた悔しさも晴れたようだ。

『喝采』は山本彩の2ndソロアルバム『identity』(2017年10月)に収録されており、シンガーソングライターの阿部真央が書き下ろしたナンバーである。NMB48のヒット曲でなくソロアルバムから選ぶ秋山投手のセンスも嬉しい。

ちなみに山本彩加は「残念ながら試合は負けてしまいました…ですが、ファインプレーや綺麗なヒットを生で見れて、雨の中ずっと応援を続ける阪神ファンの皆さんをみて素敵だなぁと改めて思いました」とつぶやき、「また、観戦行くぞ~!!!!」と意気込んでいた。次も「W山本」で応援するところが見られるかもしれない。

画像は『山本彩加 【公式】 2018年4月14日付Twitter「実は今日さやかさんと甲子園に行ってきました!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ