「卵の白身を1日70個」中国のボディビル・チャンピオンが仰天告白

分厚く頑強な筋肉の鎧をまとい、石のごとく硬い力こぶを作ってみせるボディビルダーの驚異の肉体美。「筋肉増強を謳う特別なサプリや食品を摂取しているのだろう。いや、それ以上の何か特別なモノも使用しているのだろうか」などと人々は噂する。しかしこのほど中国で「大学生ボディビル・チャンピオン」の座に輝いた22歳の青年の場合はというと…!?

浙江省の省都、杭州市の出身だという22歳のZhang Nuさん。彼は、このほど中国の大学生を対象とした「チャイナ・ユニバーシティ・ボディビルディング・アンド・フィットネス・チャンピオンシップ」のボディビルダー部門で優勝。その素晴らしく鍛えられた分厚い胸に大きな金メダルを下げ、チャンピオンらしい堂々とした“力こぶポーズ”をキメた。

身長168cmのNuさんは、いかにして自分を大きく魅せることに成功したのだろうか。実は大会の1か月前に行われたインタビューで、Nuさんは大変な筋肉美を見せつけながら「1日あたり70個もの卵の白身を食べることを始めました。白身の大量摂取は多くのボディビルダーにとって普通のことですよ」と語っていた。

1個分の卵白には約3.6gのタンパク質が含まれ、カロリーは17kcalとのこと。これに従えばNuさんは毎日卵白からタンパク質を252g、1,190kcalを摂取していたことになる。もちろん卵白だけが勝利の秘訣ではあるまい。ボディビルダーを目指して真剣なトレーニングを開始したのは2年前だといい、今や体脂肪率はなんと5%にまで下がっているそうだ。

動画共有サイト『秒拍』でその様子が紹介されると、目からうろことばかり中国のネチズンは大きく反応。Nuさんの懸命な努力に拍手を送ったのはもちろんだが、「白身を食べまくれば自分もこんな男らしい体、筋肉美を得られるのか」とさっそく真似し始める者が現れているようだ。だが同じ食べ物の連続過剰摂取が体に良いわけはない。何事もほどほどが肝心、そして必ずや「黄身も捨てるのはもったいない」となり、こちらも過剰摂取してしまう可能性もある。決して真似しないようお願いしたい。

画像は『秒拍 2018年4月10日付「文弱书生夺健美冠军,1天吃70个蛋清」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス