グラドル万理華、“常務”と一緒に海外出張「そこ重要ポイントです」

ザテレビジョン

2018/4/15 17:00

グラビアの他、女優やモデルとしても活動しているオスカープロモーション所属のタレント・万理華が、3月22日に2作目となるDVD「Trip Trap」(イーネット・フロンティア)を発売。東京・秋葉原でファンイベントを開催し、囲み取材に応じた。

タイで撮影された本作。海外での撮影は今回が初めてという万理華は「暑かったです。とにかく暑くて…。今回は常務と一緒に海外出張に行くという設定になっています。常務なんです! そこ重要ポイントですからね! 普段は優しくて頼りになって、みんなから慕われるんですけど、ちょっと一つ欠点があって…」と内容を解説するとともに笑顔であいさつした。

今後やってみたいシチュエーションについては「次は旅館とかで浴衣を着て、和をテイストにした作品をやってみたいなと。前作も今作も結構明るいキャピキャピしたシーンが多かったので、ちょっと艶やかな、和の色気を出せる作品が出せたらいいなと思います」と憧れを口にした。

万理華は、1992年9月28日生まれ。富山県出身の現在25歳。

20代後半に入ったことに関して「二十歳になった時、(10代の時と比べて)お肌とかもろもろの変化を感じたんですけど、25歳になってからさらにそれを感じますね(笑)。乾燥するようになったり、普段ジムに行っているんですけど、まぁ…落ちないっていう部分が(笑)。

食べるのも好きというのもあるんですかね。胃もたれするようになって(笑)、『あれ? 自分大丈夫かな』と思うところもあって。大人の色気は出していけたらいいなと思います」と宣言した。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/143479/

あなたにおすすめ