【TDR35周年】35年前と同じ場所でのセレモニー! 35周年オープニングセレモニー速報レポ【あいさつ全文】

ウレぴあ総研

2018/4/15 15:40

2018年4月15日(日)、東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration! ”オープニングセレモニーが開催されました。

あいにくの暴風雨の中、東京ディズニーランドの35周年を祝うたくさんのゲストが来園。

ワールドバザールで開催されたセレモニーの様子を詳しくお伝えします。

■始まりのこの場所で、35周年開幕。

2018年4月15日(日)、東京ディズニーランドは開園35周年を迎えました。

あいにくの暴風雨の中、開園前には非常に大勢のゲストが並んでいました。

7時40分、ディズニーホテル宿泊者のゲートが開くと、ワールドバザールでは35周年テーマソング「Brand New Day」が流れ、多くの紙吹雪が舞いました。

キャストもワールドバザールに並び、ゲストにハイタッチしながら35周年をお祝い。

7時55分、一般ゲートも開門し、大勢のゲストがワールドバザールを訪れると、紙吹雪に大きな歓声が上がりました。

8時41分、東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration! ”オープニングセレモニーがスタート。

雨天のため、ワールドバザールで開催されたオープニングセレモニー。

これは35年前の東京ディズニーランド開園セレモニーと同じ場所でした。

音楽とともに東京ディズニーリゾート・アンバサダーの福本望さんが登場しました。

株式会社オリエンタルランド代表取締役会長(兼)CEO加賀見俊夫さんが挨拶。

続いて、ウォルト・ディズニー・パーク&リゾート プレジデント/マネージング・ディレクター,アジア マイケル A.コールグレイザーさんが挨拶。

そして株式会社オリエンタルランド代表取締役社長(兼)COO上西京一郎さんが登場。

「皆さまおはようございます。

オリエンタルランドの上西でございます。

東京ディズニーリゾート35周年のテーマは“Happiest Celebration! ”です。

ゲストの皆さまや、そしてキャスト、ディズニーの仲間たちの笑顔が溢れる、パークの中に弾ける、これまで以上のハピネスに溢れた、ハピエストな1年をお届けします。

それでは、始めましょう。

未来へと繋がる新しい夢の始まりを祝う史上最大の祭典“Happiest Celebration! ”開幕です! 」

テーマソングに合わせて「1、2、3!」と掛け声がかかると、紙吹雪が華やかに舞う中、ミッキー、ミニー、ドナルド、デイジー、グーフィー、プルート、チップ、デールが登場!

カラフルなリボンも放たれ、東京ディズニーリゾート35周年が開幕しました。

■加賀見会長あいさつ全文

おはようございます。

このような非常に悪い天候の中また朝早くから色々とありがとうございます。

先ほどご紹介がありましたオリエンタルランドの加賀見でございます。

今天候を見まして35年前を思い出したんですけれど、ちょうど35年前の東京ディズニーランドのオープニングセレモニーもやはり外で出来なくてですね、このようにワールドバザールの中でやったことをたった今思い出したところでございます。

本当に悪天候の中皆さん朝早くからお越しいただきまして、東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration! ”のオープニングセレモニーにお越しいただきましたことを心から感謝申し上げます。

本当にみなさんありがとうございます。

おかげさまでですね、本日4月15日でございますが、東京ディズニーリゾートは35周年を迎えることができました。

これもひとえにですね、今まで東京ディズニーリゾートにお越しいただいたすべてのゲストの皆さま、並びに多くの関係者の皆さまによるですね、継続的なご理解とご支援の賜物であると深く御礼申し上げます。

本当にありがとうございます。

また、これまでの当社の軌跡は我々の良きパートナーでありますディズニー社との強い絆無くしては語れないのであります。

パーク開園当初からディズニー社の皆さまによるですね、日本の文化、そして日本人の感性を深くご理解していただき、また我々もですね、これに応えるよう切磋琢磨して本日の東京ディズニーリゾートを作り上げていきました。

当社の事業にご尽力いただいたすべてのディズニーの関係者に深く御礼申し上げます。

加えましてこの場をお借りしまして、一言申し上げたいところでございますが、ゲストの皆さまにですね、最高のハピネスを提供するよう汗水流してきた諸先輩方、あるいは現在も昼夜を問わずパークに命を吹き込み続けている現役の役職員、ゲストの皆さまに心から感謝申し上げます。

本当に皆さまのお力でここまでやってきたわけでございます。

この東京ディズニーリゾートがですね、産声をあげたのは先ほどご紹介がありました通り、1983年4月15日、東京ディズニーランドがたったひとつとなって始まったこの場所、舞浜でございました。

そのあと東京ディズニーシーやディズニーホテルなど数多くの施設が誕生し、現在の東京ディズニーリゾートに至るまで成長し続けることができました。

これまで当社を支えてくださった皆さまへの感謝の気持ちをお伝えすべく、本日より約1年間、東京ディズニーリゾート全体でですね、史上最大の祭典を繰り広げてまいりたいと思います。

この盛大な周年の取り組みを通じて、ゲストの皆さまに一人一人の今までの思い出に振り返っていただくと同時に、これからの始まる新たな夢に向けて、皆さまと共にですね、次なる東京ディズニーリゾートを作り上げてまいりたいと考えているところでございます。

また、永遠に完成することのないパークを追求すべく、来年の2019年にはですね、様々な開発計画を予定しております。

まず2019年でございますが、東京ディズニーシーに「ソアリン」、そして2020年には東京ディズニーランドに『美女と野獣』を中心とした複数の施設がオープンいたします。

そしてその先もですね、両パークでは様々な開発計画を模索しておりますが、現在パークの拡張について検討しているところでございます。

これからも世界でここだけ、まさにここだけでしか体験することができないオンリーワンのリゾートを目指して、役職員一同努力してまいりますので、今後ともぜひ東京ディズニーリゾートの充実についてご期

待をしていただきたいと思います。

本日はまた、本当にありがとうございます。

冒頭に申し上げました、悪天候の中、このように皆さんお集まりいただきまして、本当にありがとうございます。

ありがとうございました。

■マイケル A.コールグレイザーあいさつ全文

オハヨウゴザイマス。

ウォルト・ディズニー・カンパニーを代表し、東京ディズニーリゾートの35周年を皆さまと共にお祝いできることを大変光栄に思います。

「この世に想像力がある限りディズニーランドが完成することはない」とウォルトは言いました。

私たちの日本における大切なパートナー、株式会社オリエンタルランドの皆さまは、このビジョンを確実に引き継いでくださっています。両者の力強いパートナーシップにより、東京ディズニーリゾートまさに魔法にあふれた場所となりました。

私たちはここ日本のこれからが楽しみです。そしてこれから先何年も世界中からお越しになるゲストのために、一緒に魔法を作り続けていくことを楽しみにしています。

本日はすべてのゲストの皆さまに感謝を申し上げます。お友達やご家族と魔法にあふれた一生の思い出を作る場所に東京ディズニーリゾートをお選びいただき、大変嬉しく思います。

ウォルト・ディズニー・カンパニーの社員全員を代表し、株式会社オリエンタルランドの皆さまとのパートナーシップに感謝を申し上げると共に、この最高に幸せな祭典に際しお祝いの意を申し上げます。

“Happiest Celebration! ”本当にお祝いいたします。おめでとうございます。

アリガトウゴザイマシタ。

あなたにおすすめ