星野源、映画『未来のミライ』おとうさん役に「お年頃ですよね」と反響

grape

2018/4/15 12:15


(c)2018 スタジオ地図
星野源が、2018年7月20日(金)に公開されるアニメーション映画監督・細田守の全世界待望の新作『未来のミライ』に声優として出演することが発表され、話題となっている。

3年ぶりの新作となる『未来のミライ』では、前作に引き続き、細田監督が自ら原作・脚本を手がけており、細田監督が今作で挑むのは、甘えん坊の男の子・くんちゃんと未来からやってきた妹・ミライちゃんが織りなすちょっと変わった「きょうだい」の物語だ。

星野は、若手女優・上白石萌歌が演じる主人公の甘えん坊な4歳の男の子・くんちゃんのおとうさん役を演じ、おかあさん役には女優・麻生久美子が抜擢されている。

その他にも、役所広司や宮崎美子など豪華俳優陣が出演するという。

この発表に星野のファンはTwitterで「源さんが声優で出演ってめちゃめちゃ嬉しくて嬉しくて嬉しい」「細田監督ありがとう!」「最高です!絶対観に行きます!!!」「お父さんなお年頃ですよね。そっかー、お父さんかー」「お父さんとして源さんの声を聞けるとは」など、期待のコメントを数多く寄せている。

【星野源(おとうさん役)コメント】

細田監督の世界に呼んで頂いたことを、とても嬉しく思います。僕が演じるのは、子育てと仕事に奔走し、成長せんと踠いている父親です。映像を初めて観た時、くんちゃんと赤ちゃんのミライちゃんの一挙手一投足があまりにも可愛く、転げ回りました。収録も穏やかで、何か一つの生き物を全員で大事に育てている感覚になりました。いまから公開の日を楽しみにしています

『記事提供:E-TALENTBANK』

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ