最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

渋谷すばる メンバー説得も意志固く…決断を応援「尊重する以外なかった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「関ジャニ∞」の渋谷すばる(36)が15日、都内で緊急会見を開き、グループを脱退し、12月31日をもってジャニーズ事務所を退所することを発表した。

 会見にはメンバーも同席。横山裕(36)は「まず、初めにファンの方に心配をかけ、ご迷惑をかけることを申し訳なく思っています。どうもすみません」とファンに謝罪。「正直、今日という日が本当に来ないでほしいという思いでいっぱいでした」と思いを吐露し、「僕らなりに全力ですばるにいてほしいという思いも伝えました。しかし、すばるの思いが強く、それを聞いたときに僕たちも下を向いていてはいけないと思いました」と続けた。「この先、すばるも厳しい道が待っていると思います。僕たちもすばるに負けないように、全力で前を向いて突っ走っていくので、お力を貸していただければ幸いです」とコメント。丸山隆平(34)も「仲が悪くなって、とか想像する方がいらっしゃるのは当然だと思いますが、これは関ジャニ∞で皆で向き合って出た結果であって、メンバーということには変わりはないですし、これからもすばる君がいる関ジャニ∞、そうではない関ジャニ∞、皆がいた時間というものをファンの皆様と共有しながら進んでいきたい」と前を向いた。

 錦戸亮(33)は「初めて聞いたときはびっくりもしたんですが、今こうしてジャニーズ事務所の中にいて、守られたりとかいう状況が分かった上で、ここを飛び出すということを決めるのはすごい決断だったと思います。自分がやりたいことを見つけたすばる君の決断を僕は尊重したいですし、もちろん頑張ってほしいです」と渋谷の決断にエール。大倉忠義(32)は「このような結果になったのは非常に残念なことですが、メンバーって不思議な存在で他人なんですけど、家族のようであり、そういう大事な存在が下した決断をもちろん応援したいし、7人で夢を追いかけていきたかったですけど、すばる君がそういう夢を持ったのなら応援するべきなのかなと思いました」。

 村上信五(36)は「メンバーが言った言葉がすべてだと思います」とし、「ファンの皆さんには本当に申し訳ありませんという言葉以外はないですけれど、最初に話を聞いたときは、ここまでの思いとは考えていませんでした。彼が下した決断は一人の男としての決断だと思うので、尊重する以外なかったですし、話し合いの中でもめることもなく、話して話して、関ジャニとしてこれからも頑張るからということでこのような形となりました」とメンバー納得の結論であることを強調。「僕らもこれからは分からないので、一つ一つやるべきことをやっていくことだと思います。エイターという言葉は渋谷が残してくれた言葉なので、彼の思いはファンの方が一番わかってくれると思います」とファンにメッセージを送った。

 安田章大(33)は打撲で会見を欠席。「初めて聞いたときは理解が及びませんでした。もちろん彼の選択を必死に止めました。しかし、渋谷の意志が固く前に進んでいこうとしていることが分かりました。渋谷を送り出したいと思いました。エイターの皆、関ジャニ8と渋谷はこれまで以上に仕事に取り組んでいくので、応援していただければ幸いです」とコメントを寄せた。

外部リンク(スポニチアネックス)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス