男性はこういうのに弱い!初アプローチはストレートが◎

愛カツ

2018/4/15 12:00


男性とのお付き合いにこぎつけるために、初アプローチは大きなターニングポイント。

男性が弱いのは、やっぱりストレートなセリフかもしれません。

最初にドキッとさせれば、会っていない時間も思い出して、意識ししてもらえる可能性大! まずは、こんなアプローチからはじめてみませんか?



■ ■○○くんの○○っていいよね!

相手の長所や得意なことを見つけたら、「〇〇くんの〇〇」と、相手の名前を出し、限定してストレートに褒めるのが◎。

しっかり名前を呼んで、彼個人を強調しましょう。こうすると「しっかり自分を見てくれている」と思ってもらえ、ストレートに好感度をアップさせることができます。

もし、相手の名前を呼ばずに、褒める対象をボカしてしまうと、他の男性にも使えるセリフのように聞こえ、お世辞感が強くなってしまうケースも……。

世の中にはお世辞もたくさんあるため、初アプローチでは好意を素直に受け取ってもらえるよう、ストレートに伝えていきましょう。

■ ■○○してくれたとき嬉しかった!

少し前のことや、帰宅後のLINE、以前会ったときのことを話題に出して、「嬉しかったよ」を伝えるアプローチも効果的。

相手に喜んでもらえていたことがわかれば、男性にも自信がつきますし、それ以降の褒め言葉も、素直に受け取りやすくなります。

また、その場で「ありがとう!」にプラスして、「〇〇してくれたとき嬉しかった」と伝えれば、「“あなたがしてくれたから”嬉しかった」というメッセージにすることもできることでしょう。

数十分か数時間前の出来事でもOK。みんながいるときは、普通に「ありがとう」と言い、ふたりきりになったときや、帰宅後のLINEで「〇〇してくれたの嬉しかったよ」と伝えてみましょう。

きっと、相手の男性をドキッとさせられるはずです。

■ ■彼の特徴をタイプと言う

男性にもそれぞれ個性があります。「おっ! こんなところがいいかも!」と感じたら、それを「好きなタイプ」として言ってみましょう。

「〇〇くんみたいに、爽やかな気持ちになれる人、実はタイプなんだよね」

「背が高いのって、やっぱりいいですね。私つい惹かれちゃうんですよ」

「鍛えてたりしますか? 守ってくれそうで安心できる人、いいなって思います!」

一般的にモテポイントとして扱われていることでも、「“自分が”好き」という理由をメインにすれば、さりげなくアプローチできるはずですよ。

■ ■ちょっぴり強引なお誘いも◎

男性にはリードしてほしい! と思ってしまう方も多いと思いますが、女性に選ばれるかどうかは、男の自信とプライドにも繋がるもの。

そのため、初アプローチは、いっそ女性のほうから、ちょっぴり強引にお誘いしてみてはいかがでしょう?

たとえば、食事に誘うとき、「今度、一緒に食事でもどう……?」と聞くのもアリですが、少し条件をつけたり、限定したりすると、ちょっぴり強引に誘うことができます。

「前、〇〇が好きって言ってたよね? いいお店見つけたら予約しちゃった! 〇日のお昼なら空いてるでしょ?」。

多少自分勝手に思えるかもしれませんが、「絶対、一緒に行ってもらうからね!」というメッセージを伝えられ、少しでも興味のある子なら、むしろ大歓迎。

「今日はちょっと強引だったから、私が奢るね!」

「今度は〇〇くんから誘って~! で、奢って!」

といった感じで、展開するもの意外と効果的です。ギブアンドテイクで、相手の男性も遠慮せずに誘えますし、2回目のデートも確約しやすいはずですよ。

■ ■おわりに

男性は、意外とシャイで心配性。ストレートで、自分だけに向けられた好意だと確信させるくらいが、初アプローチにはちょうどいいのです。

相手の反応が微妙な感じだった場合は、照れていて、家に帰った後、思い出して嬉しくなるケースも。

好意を伝えること自体は、まったく悪いことではありません。伝えぬは損! 年齢を重ねた大人だからこそ、積極的なアプローチが大切ですよ。(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス