最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

災害時に「在宅避難」する場合に必要なことって?【トノエル防災研究室】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
長女(5歳)と長男(3歳)の子育てを、平日はほぼワンオペで行っている、
整理収納アドバイザーのトノエルです。
この連載では、防災の専門家ではない主婦が、家族を守るために考えた、もしもの備えをご紹介します。
この備えを構築したのは2年前。子どもが成長し、引越しをした現在も、年に2回見直ししているので、その状況も合わせてご紹介していきます。
前回は、非常用持出袋の中身の番外編、かさばるアレを小さく持ち運ぶ方法をご紹介しました。
今回は、いよいよ最後の場面「CASE3:在宅避難」の状況を詳しく想像していきます。
あなたのお家の、非常時の備えはどうされていますか?
もしものときのために備えておかないといけないとは思いつつ、まだ何もできていないという方に、こんな一例もあるよと参考にしてもらえるとうれしいです。
在宅避難
EKAKI / PIXTA(ピクスタ)

非常時にどうすれば「在宅避難」できるか想像してみる!
在宅避難
EKAKI / PIXTA(ピクスタ)
一口に非常時とか、避難とかいっても、その状況はケースバイケース。
だからって、そのケースごとに備えるのはムリがある。
そこで、非常時の状況を、緊急性に合わせて3つのケースに分けて、想像してみました。
今回からは、3つ目の場面「在宅避難」についてご紹介していきます。
CASE3:在宅避難
CASE3:在宅避難
「ライフラインは遮断されているが、自宅で生活する」という状況です。

在宅での非常時とは、それはどんなとき?
CASE3:在宅避難
筆者宅にありえそうな状況としては、以下のことなどが想像できます。
  • 大地震などで上下水道・電気・ガスやごみ収集などが長期間ストップする
  • マンション事態は崩壊の恐れはなく、避難所よりも安心して過ごせる
避難場所
とんとん / PIXTA(ピクスタ)
また筆者の現在の居住地域は、大震災などの非常時に万が一火災が発生しても、 地区内に大規模な延焼火災の恐れがなく、広域的な避難を要しない区域のようで、「避難場所」としての指定を受けています。
ということは、避難所などは自宅が地震による倒壊や火災などで住めなくなった方が優先されるため、多少自宅に不具合があっても、そのまま家にとどまる可能性が高いと想像しています。

災害などの非常時には、自宅でどんなふうに過ごせばいい?
このような非常時に、どんなふうに過ごすか、想像してみました。
どんなふうにすごす?
  • 2日ほどは冷蔵庫内の食品やストック食材を使って食事を用意する
  • 5日分は非常食を食べる
  • トイレは子どもの分は固める、大人はペットボトルに
  • 壊れたモノ、散らかったものの片づけをする
  • 余震などに備え、いつでも避難できるように整える
非常食
和尚 / PIXTA(ピクスタ)
これは、2年前に考えた状況です。
親子避難
nowha / PIXTA(ピクスタ)
現在は子どもたちも成長して、幼稚園や習い事にも通うようになり、母子が別々の場所で被災する可能性もでてきました。
  • まずは、急いで子どもたちを迎えに行く
ということも必要になると想像できます。

非常時に自宅に備えておくものは?
このような非常時のために、備えておくものを、想像してみました。
そなえておくものは?
  • 5日分の非常食
  • 7日分の水、ジュース
  • カセットコンロ、カセットガス6本以上
  • スマホの充電器、手まわしラジオ
  • 非常時のトイレ用品
非常用品
CORA / PIXTA(ピクスタ)
2年前に考えた状況です。
これは、今もそんなに変わらない状況かと考えています。

「在宅避難」に備えて、今できることはなに?
「在宅避難」に備えて、今できること、を考えてみました。
いま、できること!
  • 非常時のパッククッキングを学ぶ
  • 非常食を備える
  • ローリングストックはあきらめて、非常時のための備えに徹する
パッククッキング
Graphs / PIXTA(ピクスタ)
2年前に行ったことです。
住宅街
ponta2012 / PIXTA(ピクスタ)
現在は、子どもが幼稚園や習い事に行っているときに被災する可能性を考えて、自宅周辺の状況を見てまわり、災害時にも通行できそうな道順を決めておくことにしました。

あなたも、非常時を想像して書き出してみよう!
CASE3の書き出し
大地震で被害が広範囲におよんだ場合、避難所は、倒壊や火災で自宅を失った人が優先。
マンションなど建物に被害がない人は避難所に入れないこともあるそうです。
電気は1週間程度、ガスや水道は数週間止まるおそれがあり、そのなかで家族の命と健康を守るための備えが必要になります。
困難な状況を想像するのは、とても辛いことですよね。
だけど、何も考えずに漠然とした不安を抱えたままなのもまた、辛いものです。
まずは、いろいろな状況を想像してみるってことが、大切だと気付きました。
あなたも、まずは書き出してみることからはじめませんか?
漠然とした不安も、見える化することで、具体的な対策を講じることができるかもしれません。

いかがでしたか?
今回は、非常時の3つの場面のうち「CASE3:在宅避難」の状況を詳しく想像していきました。
丁寧な暮らしに憧れがあっても。まず大切なのは、家族と自分の命。
日々の暮らしと、防災、どちらかに偏ることなく、ほどよいバランスを見つけていきたいですね。
このシリーズが、あなたの家のもしもの備えについて考えるきっかけや、ヒントにしてもらえるとうれしいです。
「丁寧っぽい暮らし」をめざす、トノエルでした。

これまでの記事をよむ 「トノエル防災研究室」
・序章 「もしもの備え、一緒に考えてみませんか?」
・CASE1:超緊急避難 「3つに分けた「もしも」の場面とは?」
・CASE1:超緊急避難 「マンション火災、土砂崩れ…。「超緊急避難」ってなに?」
・CASE1:超緊急避難 超緊急避難のときに持つ「非常持出し袋」に入れるモノとは?
・CASE1:超緊急避難 「いつものバッグ」に入れている「こどもポーチ」と「おでかけポーチ」って?
・CASE1:超緊急避難 「いつものバッグ」の置き場所は普段も緊急時も同じ」
・CASE2:緊急避難 「「緊急避難」=非常時の対策って考えてますか?」
・CASE2:緊急避難 「非常持出袋の中身、32アイテム全部見せます!・その1」
・CASE2:緊急避難 「非常用持出袋を車にも置くべき理由って?」
・CASE2:緊急避難 「非常用持出袋には「リュック」が一番!な理由」
・CASE2:緊急避難 「非常用持出袋の中身、32アイテム全部見せます!・その2」
・CASE2:緊急避難 「非常用持出袋の中身、32アイテム全部見せます!・その3」
・CASE2:緊急避難 「非常用持出袋の中身、32アイテム全部見せます!・その4」
・CASE2:緊急避難 「「布ガムテープ」「トイレットペーパー」をコンパクトにする方法」

外部リンク(日刊Sumai)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス