【ダイエッター必見】シャトレーゼの『糖質70%カットのアイス』が激ウマ / カロリーたったの79kcal! いや、そんなの関係なく普通にスイーツとしてウマい



あま~いおやつは、ダイエットの天敵。チョコもケーキもNGだけど、特に危ないと言われているのがアイスクリームだ。私も「あれは脂肪と糖質の塊だからね」と看護師さんに言われたことがある。でもさ、食べたいときもあるじゃない。人間だもの……。

ということで、甘い物を我慢している全国のダイエッターさんに朗報だ! 糖質オフにもかかわらず超絶ウマいアイスに出会ったので報告したい。いや、ダイエット関係なしに普通にスイーツとしてウマい。それはシャトレーゼの『糖質70%カットのアイス』である。

・シャトレーゼの『糖質70%カットのアイス』
激ウマなスイーツを良コスパで販売している『シャトレーゼ』。下手なケーキビュッフェに行くくらいならシャトレーゼで爆買いした方が1000倍幸せ。ちなみにワインもウマいらしい。

そんなシャトレーゼに糖質制限アイスがあったどーーー! なんと糖質70%オフ、カロリー79kcal。1個食べても糖質はたったの5.0gであるという(マルチトールを除く)。何これ、罪悪感半分どころの騒ぎじゃねえ……ッ!!

だが問題は味だ。糖質が抑えられているとは言え、糖質には変わりない。満足感がなければ意味はないのだ。

・グリコの『SUNAO』と食べ比べてみた
さて糖質制限アイスといえば、以前の記事で紹介したグリコの『SUNAO』も有名だ。こちらはカロリー80kcalで糖質は7.6gと、そう大差はない。さっそく食べ比べてみることにした。今回は両社が共通して展開しているバニラで比較だ。

パカッとあけてみると、両方ともいい香り。バニラビーンズが入っている。見た目はソックリだ。一口食べてみると……あら、あらあら全然違う! 『SUNAO』はサッパリ、シャトレーゼはこっくりクリーミィ。同じ糖質制限アイスで、同じフレーバーでもこんなに違うのか!?

・たとえるなら……
たとえるなら、『SUNAO』は『明治エッセルスーパーカップ』的なライトな味わい。対するシャトレーゼのアイスは『MOW』のようなミルク風味の強さを感じたのだ。

確認してみると『SUNAO』はラクトアイス、シャトレーゼはアイスミルクに分類されていた。

スッキリか、濃厚か
スッキリなアイスか、濃厚なアイスか。好みが分かれるところだろう。濃厚なアイスが好きな人には断然シャトレーゼの方をオススメしたい。ちなみにシャトレーゼはバニラの他に宇治抹茶味を展開しており、いずれも店頭で1個129円だ。

そういえば、以前「都会にはシャトレーゼがない」と話題になってたっけ……? 通販だと4個438円で販売しているので、気になる人はチェックしてみよう!

参考リンク:シャトレーゼ『糖質70%カットのアイス』
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

画像をもっと見る
Related Stories

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス