最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【レモンdeダイエット【2】】「いわしとまいたけのレモン寿司」で骨も元気に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ダイエットのために過度の食事制限をすると、栄養不足による不調を起こしやすくなります。体脂肪と共に「骨」や「筋肉」まで削ってしまっては、健康を維持することはできません。体脂肪を燃焼しやすい状態に整えながら骨を守るためには、カルシウムが豊富な「魚介類」と、カルシウムを水に溶けやすい形に変えて吸収しやすくするクエン酸が豊富な「レモン」を合わせるのがオススメ。そこで、管理栄養士の柴田さんに、魚介類とレモンの美味しいレシピをうかがいました。

〈いわしとまいたけのレモン寿司〉

【材料/2人分】

(A)はちみつ大さじ1/2

(A)塩小さじ1/2

(A)レモン汁大さじ2

いわしの缶詰(油漬け)50g/まいたけ1/2パック/れんこん小1/2本/アーモンド20g/レモン1個/かいわれ大根20g/雑穀ごはん2杯分/ごま油小さじ1

※いわしの缶詰(油漬け)はオイルサーディンの表記でも◎

【作り方】

1.まいたけを小さめに手でほぐす。

2.れんこんは薄めのいちょう切りにする。

3.アーモンドを包丁で砕く。

4.レモンは1/4個分を混ぜ込み用として薄いいちょう切りに、残りを飾り用として半月切りにする。

5.ボウルに(A)を上から順に入れて混ぜ合わせる。

6.いわしの缶詰を入れて、フォークで軽く潰しながら混ぜる。

7.フライパンにごま油を入れて火にかけ、まいたけ、れんこんを炒め、中まで火が通ったら5.のボウルに入れて混ぜる。

8.炊き上がった雑穀ごはんに6.と混ぜ込み用のレモン、アーモンドの半分を入れて混ぜ合わせる。

9.器に盛り付け、飾り用のレモンを散らし、かいわれ大根と残りのアーモンドを散らす。

いわしとまいたけのレモン寿司なら、レモンの代謝アップ効果でエネルギー消費効率もアップ。魚介と合わせているから骨も丈夫に保てます。さらに、具沢山のお寿司で満足感もアップ。美味しくいただきながら、ダイエットを成功へと導いてくださいね。

(美容・健康ライター Nao Kiyota)

外部リンク(アサジョ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス