岩田剛典らが集う「崖っぷちホテル!」いよいよ開業【第1話試写】

ザテレビジョン

2018/4/15 10:03

入学や就職などで環境がガラリと変わりやすい4月。不安を抱えながら、悶々とした日々を過ごしている人も少なからずいるのではないだろうか。

うまく雰囲気に溶け込めず、勉強や仕事にも慣れていない。揚げ句の果てには「向いてないのかな」と悩む日々…。

そんな迷える子羊たちにちょっぴり温かい救いの手を差し伸べるドラマ「崖っぷちホテル!」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)が4月15日(日)からスタートする。

多額の負債総額を抱える“クセ者”ぞろいの老舗ホテル「グランデ・インヴルサ」を舞台に描かれる本ドラマ。

かつては栄華を誇った、このクラシカルなホテルの総支配人を務める桜井佐那(戸田恵梨香)も、実は周囲になじめていない1人だ。

29歳でホテルの総支配人に就任し、その若さと真面目な性格から、“クセ者”ぞろいのホテルスタッフからは後ろ指を指されてしまっている。

客やスタッフの前では笑顔できちんと対応するが、総支配人室に入ると1人愚痴をこぼす佐那の様子も見受けられ、責任感が強く、ストレスを溜め込みがちな視聴者からは「分かる」と賛同の声が上がりそう。

そんな中、突如ホテルの雰囲気に似つかわしくないラフな格好の謎の訪問客・宇海直哉(岩田剛典)が登場する。

副支配人の時貞(渡辺いっけい)から追い出すように言われるも、宿泊を了承してしまった佐那は、宇海が次々と突き付ける破天荒な注文を佐那がすべて引き受けることになる。

バー責任者・枝川(りょう)ら従業員は「大変ね」とまるで他人事。自分から宇海を引き受けた佐那に対し冷たくあしらうが、実はこの謎の訪問客・宇海がきっかけとなり、周囲が変わっていくことに。

福井雄太プロデューサーが「『何か違うことを明日してみようかな』って思える一つのきっかけになれればいいと思っています」と話す本作品は、「何かを変えたい」と思う人に、きっと新たな一歩を踏み出す勇気を与えてくれるだろう。

そんなホテルに毎週日曜夜10時30分、1時間だけ足を踏み入れてみては?(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/143776/

あなたにおすすめ