江口洋介、番宣で『池の水を抜く』参戦「貴重な体験」

テレビドガッチ

2018/4/15 10:02

俳優の江口洋介が、4月22日(日)放送の『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』(テレビ東京系、19:54~21:54)に出演することがわかった。

2017年1月からこれまでに7回放送され、“池の水を抜く”という斬新な内容で反響を呼んでいる同番組。昨年9月3日に放送された回で、池の水を抜いた日比谷公園の「雲形池」から佐賀藩鍋島家の家紋が描かれた瓦が発見され、話題となった。

そんな番組が、4月より月1回のレギュラー化。記念すべき初回となる今回、江口はMCの田中直樹と共に、長野県の善光寺大勧進に急行する。善光寺山内には25ヶ院あり、善光寺大勧進はその本坊。その山門前にある放生池を綺麗にしたい、というSOSに応えるため、池の水を抜き、生物の捕獲を行う。

同番組に出演した理由について、江口は「長野といえば善光寺じゃないですか。その善光寺(大勧進)の池をぬくというのは、大変興味深い」と言いつつ、「あと、月曜22時から『ヘッドハンター』というドラマが始まるので、ぜひぜひ皆様に見ていただきたいな、と思ってやってきました」と素直に番宣目的であることも明かし、田中に「ちょっと、いきなり番宣ですか? 早いな~(笑)」と突っ込まれる一幕もあった。

そして、初めての池の水抜きに挑戦した江口は、「スッポンとか直接触れる事のない生きものを、実際自分の手で捕まえるということは普段中々できない事なので、本当に貴重な体験でした。亀と鯉が本当に多かったですね。子どもの頃、鯉を釣ったりして馴染みはありましたが、そのほとんどが外来種(鯉は外来種で口に入れたものは、在来種でもなんでも食べてしまうと聞き)上手く共存しているように見えるけれど、そうでもないんだということに驚きました」と感想を語っていた。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ