最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

デートの相手が、あなたを本気で好きな時に言う「ひと言」。聞き逃さないで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンが普及して、アプリの種類が増えると同時に、男女の出会い方も変化してきました。

ひと昔前までは、ネット上での出会いに対する世間の目は冷ややかだったのに対し、今は「最近多いよね。私の知り合いも~」なんて話がでたり。

つまり、出会うことじたいはカンタンな時代。だからこそ、その先に思いが通じ合って心を通わせられる相手を見つけることは、本当に特別なことだと思うのです。

外国と日本の恋愛観のちがい



ここで、互いの思いが通じ合う時ってどのような場面なのかを少し考えてみましょう。

日本だと、「告白」がまだまだ主流だと思います。でも、相手が外国人だった場合はどうでしょう?

そもそもの「恋愛観」が違う場合、相手があなたを好きという意志表示も必然的に違ってくると思います。

以前、旅をしていた時に出会った多くの女の子たち(特にカルチャーが違う欧米出身の人たち)に、気になる男性とデートしてから付き合いに至るまでの過程について聞いてみたことがあります。

すると、このような返答が多数かえってきたのです。

「真剣な交際が始まる時は、必ずしも『告白』という行為があるわけじゃない」

「何度かデートして、だんだん2人の時間が増えていって、家族や友人に紹介したりする。そうなったらもう自他ともに認める恋人同士よね」

そうそう、彼らには日本にはないデーティングと呼ばれる期間があります。この間は、互いに惹かれ合いつつ、相手を知っていくことに時間を費やします。

なぜなら、彼らが意味する「boyfriend」「girlfriend」という言葉は、日本で言う「付き合ってみてダメだったらすぐ別れればいいじゃん」という感覚よりも、ずっと真剣なものだから。

思いが通じ合う瞬間
絶対逃さないで欲しい「フレーズ」



ちなみに、デーティング期間中は自分にとって最適なパートナーを探す期間であり、デートする相手は1人に絞らなければいけないなどという決まりはありません。

だから、あなたが新しく出会って「イイな」と思う相手に対しても「自分以外の人とも(恐らく)会っているだろうな~」くらいに構えていた方が、後々ムダに傷つくこともないでしょう…。

で、タイトルにも書いた、相手があなたを本気で想っている時に言うであろう「フレーズ」についてですが、以下のものがあると思います。

「I'm not seeing anyone else(会っているのは君だけ)」

もちろん、これ以外にも該当するフレーズはあります。でも、この言葉はデーティングの感覚になれていない人が聞いたら、「ふ~ん、そう」と流してしまう可能性が高いのでは?

反対に、真剣な表情をして相手にこのフレーズを言われたことがある人ならば、その意味がきっとわかるはず。ちなみに私は、言われた側になったこともあれば言う側になったこともあります。

文化が違えば、おのずと愛の“告白”の仕方も違ってくるでしょう。だからこそ、思いが通じ合う瞬間があれば、そのチャンスを絶対に逃さないで幸せになって欲しいのです。


外部リンク(TABILABO)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス