最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

古舘伊知郎が「九死に一生」体験を告白「もうちょっとで死んでたなっていうのは何回かある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4月14日放送の「おしゃべりオジサンとヤバイ女」(テレビ東京系)に、スキーベースジャンパーの夫を持つ佐々木まなみさんがゲスト出演。古舘伊知郎が学生の頃に体験した“九死に一生”の出来事を明かした。

スキーベースジャンプとは、雪山をスキーで滑り降り、崖からジャンプしてパラシュートを使って着地するという競技。

崖から地面までの距離が短いため、地面や岩壁に激突する危険性も高く“世界一危険なスポーツ”と呼ばれることもある。

まなみさんの夫・大輔さんは日本で唯一のスキーベースジャンパーで、夫が崖から飛び降りる勇姿を、下で待ち構えるまなみさんがカメラで撮影。

まなみさんは「怖さを通り越したところに楽しさがある」と、夫の気持ちを代弁しながらこの競技の魅力を説明する。

生死をかけた競技のVTRを見ながら、千原ジュニアが“九死に一生”の体験を尋ねると、古舘は「もうちょっとで死んでたなっていうのは何回かある」と切り出す。

学生の頃、友人から借りた原付バイクでアルバイト先に向かおうとしていた古舘は、交差点の信号待ちで「カッコつけて(アクセルを)吹かしてた」とか。信号が変わって走り出そうとしたところ、アクセルを吹かしていた勢いのままバイクがウイリー状態に。アクセル全開の状態でもがいたあげく、バイクごと「対向車線のほうに横倒しでぶっ倒れた」という。

交差点にはほかの自動車が突っ込んできており、古舘は鼻先に手のひらをかざしながら「でっかいダンプカーのバンパーが『キューッ!』って、ここで止まった」と危機一髪の状況を振り返った。

古舘に続けて、かつてバイク事故で集中治療室に入った経験のあるジュニアも、自分の鼻先で手を広げながら「(歩道の石柱に衝突する寸前の)ここまで記憶ありますね」と、事故当時の記憶を語っていた。

SNS上には、夫の危険な挑戦を見届けるまなみさんの精神力について「死ぬかもしれない夫を目の前で撮影するなんて…すごいメンタル」という主旨のコメントが寄せられていた。

次回、4月21日(土)放送予定の「おしゃべりオジサンとヤバイ女」には女優の佐藤仁美がゲスト出演する。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/143779/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス