最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

恋愛 

28歳女性、ウブな学生と「遊びで一晩」。そして一生の後悔が待っていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


<あの時、結婚していレバ……アラサー女性の後悔エピソード――vol.2>

「あの時、彼を振らなかっタラ……」「あの時、元彼と結婚してレバ……」、そんなタラレバを考えたことありませんか? そんなアラサー女性の後悔エピソード。

今回紹介するのは「結婚はしたけれど、今の夫じゃなく元彼と結婚しておけば良かった……」と後悔する恵子さん(仮名・34歳)。現在、結婚3年目という恵子さんの後悔とは……?

◆ほんの遊びから始まった、男子大学生との恋愛

「28歳の時に居酒屋で知り合った大学生の彼。彼はアルバイトとして働いていたんですが、垢ぬけてない可愛さについ逆ナンしちゃったんです。連絡先を交換して数日後に遊ぶことになったんですが、彼は私より8歳も年下。こっちも一晩だけの遊びのつもりだったんです」

シッカリと彼をお持ち帰りした恵子さん。ですが、事態は思わぬ方向に……。

「その後、すぐに2回目のデートに誘われて告白されたんです。大学生と付き合うなんて考えもしてなかったけれど、さすがに遊びのつもりだったなんて言えずに、押し切られる感じで付き合うことになりました。彼は一人暮らしだけど大した仕送りをもらっておらず、学校とバイトで忙しい毎日。お金もないのでデートは毎回私の家になり、気づいたら半同棲状態になっていました」

◆年下彼氏と2年間の交際、そして別れ

すぐに別れると思っていた恵子さんですが、意外と長く続いたそうです。

「彼とは2年くらい一緒にいましたね。毎日、彼のバイト帰りを待って家で一緒にご飯を食べる生活なんですが、これが意外と心地良くて。でも、どんなに楽しくても結婚まではイメージがわかなかったんです」

居心地の良い彼なのに、結婚したいと思えなかったのはなぜでしょう。

「彼は良い大学というわけでもないし、毎日私といるあたり、友達も少なそう。性格はすごく合うんですが、私も30歳に近づくにつれて、彼との将来に希望が持てなくなってきたんですよね。それから、徐々に彼と距離を取るようになったんです」

そして彼と連絡をとらなくなった恵子さん。やがて新しい出会いがあり、恵子さんは結婚することになりました。しかし……。

「旦那と全然、性格が合わないんです。30歳過ぎて焦って結婚したというのもありますが、常にイライラしっぱなし。さらに旦那は子供が好きじゃないらしく、結婚してすぐにセックスレスになりました。仕事の帰りも遅く夕飯はいつも別々、今は家庭内別居状態です」

◆元彼から突然の電話。用件はまさかの……!?

そんなある日、恵子さんの元に1本の電話がかかってきました。

知らない番号なので出てみたら、なんとあの時の元彼だったのです。

「『今、何してるの? 話があるからちょっと飲みに行かない?』と言うので、そういえば結婚したこと言ってなかったなと思い、『私、結婚したんだよね』と言ったんです。彼は一瞬『え!?』と驚いていましたが『わかった、おめでとう』とだけ言って電話を切りました。

私は何となく『話がある』と言っていたのが気になって掛け直してみたんですが、彼が電話に出ることはありませんでした」

彼の真意を知ることになったのは、それから半年後のことでした。

「たまたま、彼が昔バイトしていた居酒屋の先輩と会ったんです。彼はその先輩と仲が良かったので、今、彼がどうしているのか聞いてみました。なんと彼、おじい様の会社を継いで社長になったというんです。本当は彼のお兄ちゃんが継ぐ予定だったのですが辞退したため、彼が継ぐことになったのだとか。

あのバイトばかりしていた彼が今や年収1000万の社長に……。でも、私がショックを受けたのはそれだけではありません。先輩の口から出てきた言葉に、本当に驚きました。元彼が、『自分がちゃんと生活していけるようになったら、恵子のことを迎えに行くんだ』と話していたと言うんです。

あの電話は、もしかしてそれを言うつもりだったのかと思うと……」

別れた元彼がまさかの大出世……! 自然消滅させずにとことん話し合っていタラ……彼に言葉で不安を伝えていレバ……。恵子さんの後悔は計り知れないものですが、見抜けなかった恵子さんにも原因はあると思います……。

彼も「あの時、いつか迎えに行くと伝えていレバ……」と後悔したかもしれません。だけど、時間は戻らないのです。

<TEXT/結城>


外部リンク(女子SPA!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス