長く付き合っていても改めて「可愛い」と思う瞬間

愛カツ

2018/4/15 07:00


長く付き合ってきたら、お互いに日常になってしまい改めてドキドキすることって、なかなか無くなっちゃいますよね。

いつの間にか相手を思いやる気持ちも薄れてきてしまって……。そんな時にふと男性が彼女の事を、改めて可愛いと思える瞬間を知ってちょっと意識してみるのもいいかも知れません。



■ 病気の時、弱ってる時優しく看病してくれた

王道ですが、病気になって弱った時に助けてあげるとやっぱり誰でも嬉しいものですよね。頼りになるだけでなく、女性らしさをアピールするのにはうってつけなシチュエーションです!

看病する時はあれもこれもと押し付けないで、自分が病気の時に何が必要だと思うかを考えて行動するようにすると相手の心にも染み込みやすいですよ。

■ イメチェンしなどいつもとは違う意外性を見た時

髪形を変えた時、いつもとは違う感じのファッションにした時などいつもと違うイメージは、自分だけでなく彼の心もリフレッシュできるようです。

たとえば、いつもは履かないスカートや、カラフルな色合いのものを身につけたり、メイクやネイルを身近なものを変えてみるのもおすすめです。

イメチェンまでは勇気が無くても、新しいことをはじめて熱中している所を見せるのも「こんな一面あったんだ! 」と思われやすく、

自分も相手を想う気持ちまでも新鮮な視点でみられるようになるので、是非ためしてみましょう。

■ 未だにヤキモチを焼いてくれた時

いつもヤキモチを焼いていると、効果は薄れてしまいますが「え? そこ!? 」というような小さいヤキモチをたまに言うのは効果的です。

たとえば物やテレビに出てくる人など、ヤキモチを焼いてもどうしようもないものに焼いてしまう「ちょっとすねる系」のヤキモチは心地よいそうです。

反対にどうしても気持ちを隠し切れないほどの、本気のヤキモチは冷静になってからタイミングをよく読んで伝えるようにしないと逆効果になりかねませんので注意しましょう。

ただ不機嫌でずっと居られたり、感情的に言われると彼もウンザリしてしまいます。

他にも、「会いたい」「心配してる」などの彼を想う言葉は回りくどく言わずに、ストレートに伝えるなど男性がわかりやすいものが「自分が必要とされている」と改めて感じやすい傾向にあり、

彼女を改めて可愛いと思ういいきっかけになりやすいのかも知れませんね!(只野あさみ/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ