江口洋介主演『ヘッドハンター』 プロデューサーが転職で得たリアルも

しらべぇ

2018/4/15 06:30


(画像提供:ドラマBiz『ヘッドハンター』(C)テレビ東京

16日月曜夜10時より、「働く」をテーマにした大人へ向けた新たなビジネスドラマ枠「ドラマBiz」。その第一弾作品としてスタートする『ヘッドハンター』(テレビ東京系)。

『ガイアの夜明け』『カンブリア宮殿』『ワールドビジネスサテライト』など、経済系番組に強いテレビ東京が、ドラマの世界でもその強みを発揮するのか注目を集めている。

放送開始を前に、テレビ東京プロデューサー・稲田秀樹氏に本ドラマの魅力を聞いた。

■自身の体験から感じたドラマ性


(©ニュースサイトしらべぇ)

放送に先がけての会見では、テレビ東京が満を持して設けた新たなドラマ枠のプレゼンという意味で、ジョブズの新商品発表会を意識したコスチュームと演出で登場し、集まった報道陣を笑わせた稲田氏。

今回の「ドラマBiz」という新たな枠を立ち上げるにあたり、一般的な「お仕事ドラマ」ではなく、さまざまな業界の裏側も描くことのできる「転職エージェント」をテーマ設定したことは、すでに業界内でも「練れているな」と評価されている。

稲田氏:今回の枠を作るにあたっては各部署と議論を重ね、独自性やインパクトを与えられる切り口ってなんだろう? と考える中で、テレビ東京の経済に強いブランドを活かす、ビジネスパーソンに向けたドラマという方向性に固まりました。その後、内外に企画募集しましが、その選考の中で、第一の基準が「今を切り取る」ということでした。

テレビドラマには元々ジャーナリスティックな要素や役割があっかと思いますが、今回の新枠はそんな眼差しを強めたいと考えていて、その結果、「転職」に行き着いたという形ですね。

僕自身が、2年前にテレビ東京に転職したという経験があり、それは個人的に大きな決断でしたが、転職する本人だけじゃなく、家族や元同僚、関係者にも影響を与える人生の劇的なできごと――そこには、少なからずドラマが生まれる要素があると実感しました。

■新枠でオリジナル脚本の挑戦


長年言われてきた「35歳限界説」が転職市場の中では過去のものとなり、ヘッドハンターが活躍する転職業界は、右肩上がりに成長している領域だ。しかし、オリジナル作品としては、恐らく連続ドラマでは初めてのテーマ。

稲田氏:おかげさまで「ヘッドハンター」は社内でも評価を得ました。でも新しいドラマ枠の立ち上げですから、普通は有名原作とか、リメイクとか「安パイ」で行くところじゃないですか。

それなのに「キャストが捕まるんだったら、これで行け!」と言ってくださる上の方がいて、“いやあ、本当にすごい会社だなぁ…”と思いました。(笑)

なかなかそういう挑戦のチャンスが得難いご時世の今、新しい枠、しかもトップバッターにオリジナル作品を持ってくる――そんな経験はなかなかできないと思います。だから、今、いろいろ大変なんですけど、それを励みにやっています。

稲田氏自身の「転職」は、そんな挑戦ができている話を聞くだけでも、かなりの成功事例といえそうだ。

■キャラクターの魅力


(画像提供:ドラマBiz『ヘッドハンター』(C)テレビ東京)

ドラマ『ヘッドハンター』第1話のあらすじを少しだけ紹介すると、

ヘッドハンターとは、企業の要望に応え、必要な人材の転職を斡旋する者をいう。この物語はヘッドハンターを生業とするひとりの男・黒澤和樹(江口洋介)を通じ、転職にまつわる様々な人間模様を描く新しいヒューマンドラマ。対象者の心の奥深くまで入り込み、選択を迫ってゆく強引なやり方に、ある者は“救われた”といい、ある者は“酷い目にあった”という。はたして黒澤は、人生の転機に現れた救世主か?それとも悪魔か?

となっている。

転職斡旋会社「SAGASU」のヘッドハンター兼社長である主人公・黒澤和樹を江口洋介。

(©ニュースサイトしらべぇ)

その片腕で社長補佐であり、総務・経理も担当する灰谷哲也は、杉本哲太。

(©ニュースサイトしらべぇ)

黒澤をライバル視し、業界最大手の転職斡旋会社の老舗「ブリッジ」のシニアバイスを務める、やり手の女性・赤城響子を小池栄子が演じる。

(©ニュースサイトしらべぇ)

同局の『ガイアの夜明け』『カンブリア宮殿』から江口、杉本、小池が集結していることだけでも話題となっているが、第1話のゲストには『未来世紀ジパング』でMCを務める内田恭子まで「ヘッドハントした」らしく、なかなか豪華な布陣だ。

(画像提供:ドラマBiz『ヘッドハンター』(C)テレビ東京)

稲田氏:江口さんをはじめ、出演者の方たちからは「台本がおもしろい」と言っていただいて、それを膨らませる空気感がある、いい雰囲気の現場です。しっかり芝居ができるみなさんに集まっていただけたので、安心感と安定感があります。

とくにライバルである江口さんと小池さんの掛け合いは、エンタメ作品としてわかりやすく、でも二人の力量で一癖ある、一筋縄ではいかない複雑味を足してもらっている。「ドラマBiz」で求められる、大人に鑑賞してもらいたいドラマに仕上がっていると思っています。

(画像提供:ドラマBiz『ヘッドハンター』(C)テレビ東京)

硬派なドラマではあるが、スイーツ好きな設定である杉本演じる灰谷に加え、「SAGASU」リサーチャー・舘林美憂役の徳永えりが、緩急のポジションを担う。

稲田氏:哲太さんがチャーミング。ドラマ内でスイーツをかなり食べるシーンがあるのですが、設定だけじゃなく、本当にお好きなんだと思います。(笑)初日も甘いものを差し入れしてくれたのですが、いろいろ解説してくださいました。

ドラマの中で、徳永さん演じる美憂が灰谷のスイーツ好きを利用して、あれこれ情報を聞き出すのですが、そうしたやり取りも「お約束」として、楽しんでいただけるんじゃないでしょうか。

■クールな江口洋介の役どころ


(画像提供:ドラマBiz『ヘッドハンター』(C)テレビ東京)

主演の江口といえば、昨今は硬派な役どころで評価の高い役者だ。

稲田氏:江口さんが演じる黒澤は、裏のあるアウトローなキャラクターで、かなりハードボイルドなカッコイイ役です。ただ観ていただけるとわかるのですが、いつも洋食屋で食事をする――ここでだけは、違う表情をチラッと見せます。

なぜ、そこだけ別の顔を見せるのか? その答えは、中盤くらいに明らかになるのですが、会社ではぶっきらぼうな黒澤が、それを境に変化するのか…というのも、気になるポイントです。

また、毎回ゲストが登場するのですが、そのゲストも芝居巧者のいい役者たちがキャラクターにぴったりな演技をしてくれるのも、大きな魅力になると思います。

ドラマBiz『ヘッドハンター』だが、硬派なビジネスものというだけでなく、ドラマとしての見どころも多い。

稲田氏:ドラマBizと謳っていますし、ビジネスをテーマにしてはいるのですが、どこかサスペンスを観ているような、ちょっとしたどんでん返しも毎回盛り込んであるので、ストーリーを純粋に楽しんでほしいです。

もちろん、転職におけるノウハウやデータといった、知識として役立つ要素もありつつ、じつは仕事だけじゃなく、ドラマとして家族や周囲の人間関係など幅広い内容が詰まっているので、まさに「ヒューマンサスペンス」と言っていいのかもしれませんね。

ワークライフバランスなどで、仕事をする人の多くが考えるだけでなく、生活を共にする家族や一緒に働く周囲の人たちなど、「転職」は誰にとっても身近に直面するテーマ。

エンターテインメントとビジネスを融合した新たなドラマ『ヘッドハンター』が、この春、見逃せない作品のひとつになることは間違いなさそうだ。

・合わせて読みたい→江口洋介主演テレ東新ドラマ 杉本哲太ポッキー口移しカットに「残念」

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス