DAIGO、大阪で受けた洗礼を告白「超説教された」

grape

2018/4/15 04:30


DAIGO
10日に放送された『火曜サプライズ』に女優の広瀬アリスが出演し、DAIGOらとともにトークを展開した。

番組内では、広瀬がNHK連続テレビ小説『わろてんか』では関西弁を話していたことに触れ、DAIGOが「めっちゃええやん」とコメントすると、石塚英彦から「すごいニセモノ感が」と突っ込まれていた。

これにDAIGOが「俺一回、大阪のラジオ出た時、大阪だからって関西弁言いまくってたらいいかなと思って」と振り返り「ガチでプロデューサーの人に超説教されたことある」と、以前も似たようなことがあったと明かすと、周囲からは笑い声が上がっていた。

このエピソードに視聴者のSNSでは「DAIGO関西弁下手すぎんか!笑」「なんて関西弁が似合わない!違和感しかないwww」「DAIGOの関西弁下手やなぁ」と様々な感想が寄せられていた。

DAIGOは過去にも自身の失敗談について語っており、以前「DAIGO☆STARDUST」という名前でソロデビューをし、多額の宣伝予算をかけたが売り上げは伸び悩み、その結果「まあ分かりやすく言うと『KB』ですよね。」とDAIGOらしく、DAI語で“クビ”になったと明かしていたことがあった。

『記事提供:E-TALENTBANK』

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス