【TDL誕生日】写真で振り返る 東京ディズニーリゾート35年間の思い出

ウレぴあ総研

2018/4/15 00:00

東京ディズニーランドが開園した1983年4月15日から35周年を迎えました。

たくさんの夢と魔法を届け続けた35年間。

その思い出を当時の写真とともに振り返ってみましょう。

■1983年、東京ディズニーランド開園

1983年4月15日、ワールドバザールで高橋政知オリエンタルランド社長(当時)が「1983年4月15日、ここに東京ディズニーランドの開園を宣言します! 」と宣言。

この日から「東京ディズニーランド・パレード」もスタート。

日本のエンターテイメントの歴史が変わった瞬間でした。

■定番のショーやアトラクションが誕生

1985年には「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード」がスタート。

87年には「ビッグサンダーマウンテン」がオープン。

その後も「スター・ツアーズ」(1989年)や「スプラッシュ・マウンテン」(1992年)など、人気アトラクションが次々に誕生しました。

■“リゾート”に向けて

1988年4月15日、開園5周年記者発表で「第2テーマパーク建設構想」が発表されました。

同年にはJR舞浜駅も開業。

シェラトン、ヒルトン、第一ホテル(現ホテルオークラ)などオフィシャルホテルも次々にオープン。

5周年で早くも「東京ディズニーランド」が「東京ディズニーリゾート」へ進化をはじめました。

■It's Magical!

1993年、東京ディズニーランドは10周年を迎えました。

アニバーサリー記念のキャッスルショー「It's Magical! 」を公演。

さらに「ディズニー・ファンタジー・オン・パレード」がスタートし、10周年を盛大にお祝いしました。

■伝説のナイトパレード

1995年、東京ディズニーランド・エレクトリカルパレードに代わり「ディズニー・ファンティリュージョン! 」がスタート。

夜のパレードでありながらショーモードのある、全く新しい光と音の世界が広がりました。

1996年には7つ目のテーマランド「トゥーンタウン」がオープンし、現在の東京ディズニーランドの形がほぼ出来上がりました。

■Viva! Magic

1998年、開園15周年を迎えたパークはお祭り騒ぎ。

キャッスルショー「ビバ! マジック」が公演され、お昼のパレード「ディズニー・カーニバル」がスタート。

同年10月には東京ディズニーシーの着工式が行われました。

ディズニー・カーニバルは2000年にウォルト・ディズニー生誕100周年を記念した「ディズニー・オン・パレード/100イヤーズ・オブ・マジック」に代わります。

■リゾート宣言

2000年、「イクスピアリ」と「ディズニーアンバサダーホテル」がオープン。

2001年には「ボン・ヴォヤージュ」と「ディズニーリゾートライン」が開業。

東京ディズニーリゾートの幕開けです。

■東京ディズニーシー開業

2001年9月4日、東京ディズニーシー開園。

海をテーマにした、世界で唯一のディズニーパークが日本に誕生しました。

これに合わせてパーク一体型ホテル「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」も開業。

開園初日から「ポルト・パラディーゾ・ウォーターカーニバル」や「ディズニーシー・シンフォニー」もスタートしました。

■20周年

2003年、開園20周年を迎えた東京ディズニーランドでは「ディズニー・ドリームス・オン・パレード」がスタート。

このパレードは2006年に「ディズニー・ドリームス・オン・パレード“ムービン・オン”」にリニューアルします。

2004年には「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」がオープン。

そして同年、東京ディズニーシーでは新たな夜のハーバーショー「ブラヴィッシーモ! 」がスタートします。

■東京ディズニーシー5周年

2006年、東京ディズニーシーは開園5周年。

「レジェンド・オブ・ミシカ」や「ビッグバンドビート」、「オーバー・ザ・ウェイブ」がスタートしました。

さらに「タワー・オブ・テラー」もオープン。

■リゾートのアニバーサリーへ

2008年、「東京ディズニーリゾート」25周年アニバーサリーを開催。

新パレード「ジュビレーション! 」がスタートしました。

さらに東京ディズニーランドの目の前に3つ目のディズニーホテル「東京ディズニーランドホテル」が開業しました。

2010年には東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの入園者数が5億人を突破しました。

■震災を乗り越え

2011年、東日本大震災で被災した東京ディズニーリゾートは開園以来最大の休園を余儀なくされます。

同年の東京ディズニーシー10周年も大幅な内容変更が決定。

1ヶ月以上の休園期間を経て4月28日に営業を再開した東京ディズニーシーでは「ファンタズミック! 」がスタート。

ダッフィーの「ヴィレッジ・グリーティングプレイス」や、「ジャスミンのフライングカーペット」もオープンし、東京ディズニーリゾートは人々の心に夢と希望を届け続けました。

■現在へ

2013年、東京ディズニーリゾート30周年では「ハピネス・イズ・ヒア」がスタート。

2014年のキャッスルプロジェクション「ワンス・アポン・ア・タイム」は記録的な大人気を博します。

そして2016年には東京ディズニーシーが開園15周年。

「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」を上演しました。

■夢は未来へと続く

2018年4月15日、東京ディズニーリゾートは35周年を迎えました。

東京ディズニーランドでは新パレード「ドリーミング・アップ! 」がスタート、「イッツ・ア・スモールワールド」もリニューアルします。

35年間常に進化し続けた東京ディズニーリゾートは、これから更なる変革期を迎えます。

来年2019年春には東京ディズニーシーに「ソアリン(仮称)」がオープン。

そして、2020年春には東京ディズニーランドが大規模拡張。

『美女と野獣』のエリアや『ベイマックス』やミニーのアトラクションがオープンします。

東京ディズニーリゾートは35年間常に進化をしながら、7億人以上のゲストに夢と魔法を届け続けてくれました。

35年分の歴史を駆け足でご紹介してきましたが、一つ一つのアトラクション、一つ一つのショーに思い出がたくさん詰まっています。

そして進化し続けるパークは、常に未来へのワクワクを届けてくれました。

4月15日は東京ディズニーランドの誕生日。

数え切れないほどの思い出をくれた東京ディズニーリゾートと一緒にハピエスト・セレブレーションお祝いしましょう!

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス