最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

南フランスの素敵すぎる肉屋で、アルザス料理を楽しむ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広いフランスは、当然の事ながら地域によって様々な料理がある。それに、接している隣の国の影響もあり、南仏はイタリアやスペインの料理と、そしてアルザス=ロレーヌ地方はドイツ料理に似る部分も多い。

南仏を旅していると、魚介類をふんだんに使った料理が多く、ヨーロッパでは唯一スペインで食べる「蛸」も、南仏では食されている。

そんな南仏で素敵な雰囲気の肉屋に入った。ここではランチに、アルザス=ロレーヌ料理を提供するという。



店内は一気に雰囲気が変わって、フランスと言うよりもドイツ。席数は少ないが肉屋とは思えない素敵な内装に惚れ惚れする。

地元のおばさん達が、楽しそうにランチを頂いていた。



メニューは残念ながらフランス語のみだったが、店主が丁寧に内容を説明してくれた。

「アルザスは肉料理が美味しいからね」と、その地方で食されているメニューが並ぶ。セットのムニュがお得なので、それをお願いする。

前菜はスペインのピンチョスのような料理。何種類ものハムやソーセージを、竹串に刺した状態で出てきた。



メインに頼んだのは、アルザス=ロレーヌ地方の郷土料理、「Quiche(キッシュ)」。「Quiche Lorraine(ロレーヌ風キッシュ)」なので、ベーコン入り。たっぷりのベーコンが香ばしくて、とても美味しい。



もう一つのメインは「Choucroute garni(シュークルート・ガルニ)」。アルザスの伝統的な料理の一つである「Choucroute(シュークルート)」に、ソーセージとベーコンが添えられている。ソーセージのひとつはドイツ・バイエルン地方代表の「Weißwurst(ヴァイスブルスト)」だ。

シュークルートは、ドイツで言う所のザワークラウトであり、乳酸発酵させた細切りのキャベツ。それを煮てあるのか、温かくて美味しい。酸味はそれ程でもなかった。



料理が終わると、最後はエスプレッソ。これまた可愛らしい柄の陶器で出てきた。

細長い陶器に小さなエスプレッソ用のカップがふたつ。真ん中にサブレが幾つも載せられており、最後まで楽しませてもらった。



フランスは、どの店に入っても料理が美味しい。下見をするのもいいが、「ここだ!」という自分の直感を信じて入っても外れることはないと思う。是非色々な地方の料理を試して欲しい。

(田原昌)


外部リンク(IGNITE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス