最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

こだわりも行き過ぎ? 女性が「神経質すぎる…」と呆れた男性の行動3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(LightFieldStudios/iStock/iStock)

女性が「ついていけない…」と逃げていってしまう、こだわりの強さを持っている男性もいるようだ。しらべぇ取材班は、「神経質すぎる男性にされた不快行動」を調査してみた。

(1)公共物を触った手は許せない


「電車のつり革を含めて公共物を触りたがらず、触る時には、いつも持ち歩いている手袋をしたりウエットティッシュでカバーして触っている男性がいました。

私はそんなの気にしないで公共のものにも触っていたんですが、触ったあとに彼と手をつなごうとしたら、『汚い!』と思いっきり振り払われて切なかったです」(女性・20代)

(2)コンセントの向きに文句


「やたらと細かい男性だったんですが、彼の家でスマホのコンセントを挿したときに、両方同じに見えるのに『反対だよ、こっちが右側! ほんと適当だな…』と怒られました。

そんなコンセントに差し込む向きがあるなんて、ほとんどの人は知らないだろうし、気にしたこともないでしょう…。

それなのに、うるさく文句を言う姿を見てドン引きでしたね」(女性・30代)

(3)部屋に汚れをつけないために必死


「とにかく潔癖症で、常にルンバを稼働させて、物が曲がっているとすぐに直し、お風呂場も使用したあとは床や壁にカビが生えないように水滴をタオルで拭き…という男性がいました。

最初こそ完璧な部屋に感動していましたが、この綺麗さを維持するための必死な行動を見ていたら異常としか思えず、この人と結婚したら女性は人生終わりだな…と思っちゃいましたね」(女性・30代)

■潔癖症の自覚がある人はどれくらい?


しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,387名に「潔癖だという自覚があるか?」調査したところ、3割以上が「YES」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

あまりにも神経質になりすぎると、異性から嫌がられることもあるようなので、注意したい。

・合わせて読みたい→忘年会の店選びに注意!回し飲み嫌いが鍋も嫌いな理由とは

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日
対象:全国20代~60代の男女1,387名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス