ベラ・ハディッド、来日中のマスク姿にネット騒然!

Movie Walker

2018/4/14 20:15

4月4日から2度目の来日を果たしたベラ・ハディッドが、東京のど真ん中でマスクをしている姿に、ネットが騒然となっている。

ドクターマーチンの黒いミリタリーブーツにヒョウ柄のトップスとパンツ姿のベラが、黄色いドン・キホーテのビニール袋を持って新宿の街を歩いているショットなどがインスタグラムに投稿され、YouTubeなどで拡散された。

お店の看板やビジネスマンと思しき日本人らを背景に写っているベラはほぼノーメイクに見えるため「別人に見える」「顔をいじった?」などという驚きの声もあがっているが、最もネットユーザーたちを驚かせたのは、ベラがマスクをしていることだ。

アメリカでは、一般人がマスクを使用するのは「伝染病」などの危険がある場合のみ。病院で、医師や看護師が感染を防ぐために使用するものというのが一般概念になっている。

風邪をひいている場合などでも、飛行機や電車の搭乗を避けるか、他の人の迷惑にならないように咳をする際にガーゼを当てるなどの措置をとるため、街中でマスクをしている人は見かけない。それどころか、マスクをしていたら危険人物とみなされかねないため、初めてこの時期に日本を訪れる外国人は「マスク軍団」を見て一体何が起きているのかと恐怖心を抱くことも多いと言われている。

今回ベラは、多くの日本人が花粉症で当たり前のようにマスクをしている様子を見て、日本の文化をまねたようだが、米テレビ番組エクストラなどは、マスクのことを「医療用マスク」と紹介。ネットユーザーたちも衝撃を受けたようで「日本の文化ってどういうこと?」「なんか危ない人みたいだね」「日本の文化と言いながら、感染症を恐れているのでは?」「カルチャーショック!」といったコメントが多数寄せられている。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)

https://news.walkerplus.com/article/143366/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス