最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ドラマ「崖っぷちホテル」ここが見どころ!岩田剛典の撮影オフショットも披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 EXILE/三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの岩田剛典(29)が民放連続ドラマ初主演する「崖っぷちホテル」(15日午後10時30分スタート、日本テレビ系)。明日の第1話を前に“がんちゃん”の撮影オフショットをゲットしました!休憩時間にリラックスしているのが伝わる、やわらか~い表情が素敵です。ドラマでも柔和な表情から時折見せる思わせぶりな視線が、今後の波乱を予感させます。また「ホテル従業員は全員ダメ人間?」ともいえる個性的なキャストが話題。あらすじ、キャスト、見どころに分けて、ご紹介します。

 <あらすじ> 舞台は郊外にたたずむ一軒の小さなホテル。かつては栄華を誇ったクラシカルなホテルだが、今は負債総額3億円近い破産寸前の経営危機にある。29歳の女性総支配人・桜井佐那(戸田恵梨香)は経営に自信がなく、従業員は勝手気ままなくせ者ばかりだ。

 そんな中、ふらっと宿泊に訪れたのが岩田演じる宇海直哉。突然の訪問で最高級スイートルームへの宿泊を希望した上、老舗ホテルには似つかわしくない服装で次から次へと不可解かつ面倒な注文をつけていく。

 4月にもかかわらず屋外プールで泳ぎたいと言い出す宇海。従業員誰もが嫌悪感を隠さぬ中、やむなく佐那がプールを清掃してきれいな水をたたえると、そこには…。やがて1人が宇海が何者か気付くと、従業員一同あ然とする。宇海の目的は?そして宇海の正体とは?

 破産寸前、崖っぷちホテルの大逆転劇が始まった。

 <キャスト> 主演はEXILE/三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの岩田。第1話ではラフな服装で突然ホテルに現れた謎の訪問客。この男が崖っぷちホテルの全てを変えていく。父亡き後、29歳の若さでホテルを引き継いだ総支配人に戸田恵梨香(29)。不器用ながらホテルの立て直しのため懸命に働く女性を演じる。上下関係どこ吹く風でKYながら、時おり毒舌をはく新人パティシエに浜辺美波(17)。2017年の映画「君の膵臓をたべたい」で数々の映画賞新人賞を総ナメにした注目の若手女優だ。

 腕は立つがやる気がない競艇狂いの総料理長に中村倫也(31)。ドラマ「ホリデイラブ」での怪演も記憶に新しい。静かに接客しても客を怖がらせてしまう寡黙なフロント役に芸人の「野性爆弾」くっきー(42)。素敵な笑顔を目指して笑う練習は欠かさないとか。外見は完全な外国人なのに英語がしゃべれない気弱なベルマンに、同じく芸人のチャド・マレーン(38)。超絶ビビりで嫌なことがあるとすぐ逃げ出してしまう気弱な男を演じる。

 忍者のように気配を消す神出鬼没のウエイターに佐伯大地(27)。気付かれぬまま従業員の背後を取るのが得意技だ。口を開けばお金のことばかりの事務責任者に鈴木浩介(43)。隙あらばアメニティを盗んでしまう古参の清掃員に西尾まり(44)。ゲームの片手間で仕事をこなす愚痴ばかりの清掃員に芸人の宮川大輔(45)。営業前からカクテルを飲んでしまう24時間ほろ酔いのバー責任者は、りょう(45)。現総支配人の父の時代からホテルに勤め、やたらと高圧的な副支配人に渡辺いっけい(55)。超個性派ぞろいのキャストの掛け合いが、このドラマの大きな魅力であることは間違いない。

 <見どころ> まずはドラマ初主演を務める岩田の、とろけるような笑顔に魅了される女性ファンが多いのでは?本人も「連続ドラマの主演はひとつの目標でもあったので、自分の中では満を持して“挑戦”という気持ちが強いです。爽快な大逆転劇なのでスカツとする日曜の夜を過ごして、月曜日からの一週間を頑張ろうと思えるような、そんな元気をもらえる作品をキャスト・スタッフ一丸となって作っていけるよう頑張ります」と語っている。正体不明の訪問客がどのようにホテルを変えていくのか注目だ。

 従業員から総スカンの新米支配人を演じる戸田は、ホテルのトップでありながら常におどおどした様子が、なにかと応援したくなる存在。徐々に自信をつけていく姿を楽しみたい。浜辺の振り切った天真爛漫さも要チェック。そしてなんと言っても野性爆弾のくっきー。こんなフロントいるわけないだろ!と誰もが突っ込みたくなる配役だ。どんなに演技をしても、芸人の白塗り顔モノマネが頭にちらついてしまう。ストーリーが進むにつれて、このイメージがどう変わっていくのか、それとも最後まで変わらないのか、楽しみだ。クラシカルな老舗ホテルが舞台なだけに、ロビーや客室、レストランなどの重厚なセットにも注目。

 テーマソングは20世紀最高のエンターテイナーと称されるフランク・シナトラの名曲「Strangers In The Night」(邦題「夜のストレンジャー」)。1966年のリリースから、実に半世紀以上の時を経ての起用となる。ホテルのクラシカルな世界観にはハマっているものの、第1話のダメダメな従業員の言動とはメロディが正直相容れず…。ただ主演の岩田は「そうきたか!と思いました。シナトラさんの素敵なメロディと歌声がきっとドラマに寄り添ってくれると思います」とコメント。今後のストーリー展開で、ドラマとこの曲がどう融合していくのかも見どころだ。

外部リンク(スポニチアネックス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス