自然との対話を「音」からはじめてみませんか?

tenki.jpサプリ

2018/4/14 18:30

-蓮沼執太「 ~ ing(カライング)」-環境音がおしえてくれるもの


初夏を思わせる陽気が続いていましたが、一転この週末は全国的に雨模様ですね。久しぶりに雨音に耳を澄ましてみるのも良いかもしれません。雨音だけでなく、私たちの日常は様々な環境音に包まれています。無意識に聞き流しているこの環境音を意識的に感じることで何かが見えてくるかもしれません。雨は、雨だけで音を発するのではない…ではどうやって?あたりまえの不思議を、ブルックリン在住の蓮沼執太が作る環境音の世界「 ~ ing(カライング)」(資生堂ギャラリー)に集まっている音たちから、音と人・物との関係性から自然との対話をはじめてみませんか?
※文中敬称略、展示写真は主催者の許可の元筆者撮影(転載不可)

ブルックリンの風景~どんな音がするのでしょう

ブルックリンの風景~どんな音がするのでしょう

タイトル「 ~ ing(カライング)」の持つ意味


タイトルの「〇~〇ing」は、「カライング」と読みます。〇と〇には人とモノ、自然と人工物などさまざまな組み合わせが可能です。「ing」は進行形であり、動詞と結びつくことで意味を持つ言葉です。関係性と進行形、音を通して今ならではの関係性を問う意味が込められているタイトルなのですね。今回、会場のある銀座の街を朝昼晩とマイクを転がして歩き、作品制作に臨みましたが、銀座の朝昼晩で集まった音たちは、さまざまな機器を用いて調和を奏で、ギャラリーの中に解き放たれています。作品「Thing~Being」のエリアには、音を奏でる楽器という用具の廃材を用いた表現がなされています。訪れた鑑賞者は作品を観るだけでなく、実際に足で踏んで音を出すことができます。4面に配されたミラーシートにはゆらゆらと鑑賞者の姿が映ります。それは、作品と鑑賞者の関係性の表れとなります。

Thing~Being 2018 楽器金属材、ミラーシート、アルミ板

Thing~Being 2018 楽器金属材、ミラーシート、アルミ板

音はどこからやってくる?


冒頭で雨音の話をしましたが、雨音ってどんな音でしょうか。しとしと、じゃぶじゃぶ、ざーざー…私たち日本人はよく雨音をオノマトペで言い表しますね。でも、その音は雨が発しているのではなく、雨が道路や窓、傘など何かに当たって出来上がっているものです。音は常に「何か」との関係性を示していることがわかりますね。このような音を環境音と言います。蓮沼執太(はすぬましゅうた)は、フィールドレコーディングとして環境音を拾い集め、「今・その時の音」にこだわり、新たな音楽を作り、「音とは何か」を私たちにシェアしています。歩きながら音を集めるというアナログな方法と現代のテクノロジーを使った発信、例えば写メとGPSを駆使したメールは、受信者それぞれののイマジネーションに託されています。「今」ならではの多機能な手紙、ですね。

Tree with background Music、We are Cardboard Boxes 2018

Tree with background Music、We are Cardboard Boxes 2018

作家からのメッセージ


他にも、音の鳴る箱「We are Cardboard Boxes」、大きな観葉植物がスピーカーの音で揺れる「Tree with background Music」など、自然と人工、音と音によって生じる何らかの関係性が鑑賞者を待っています。自らを音楽家・アーティストと称していますが、展示やその言葉から「音の芸術家」という方がしっくりきます。いつもはブルックリンの街を同じように歩いているとか…音と自然の関係について尋ねたところ「気象的にいうと…川が近所にありますが、水量の違いだけで音が変わります。晴れた日の朝から昼に音を採るのがいいですね」との答えが返ってきました。単に音にこだわるだけでなく、自然との対話を大切にした現代の音の芸術家なのだな、と感じます。
展示によせる作家からのメッセージ:「この展覧会『 ~ ing』に存在する時間と空間はあなたのものです。その都度に変化していく状況は、言葉で形容できない「モヤっ」としたものでしょう。たくさんの「モヤっ」を発見していくきっかけがありますように。」この思いが届いたら、銀座へ出かけてみましょう。あなただけの世界を探せるかもしれません。

Thing~Beingに使用されている廃材 気を付けて踏んでみよう

Thing~Beingに使用されている廃材 気を付けて踏んでみよう

展覧会概要


会期:2018年4月6日(金)~6月3日(日)
会場:SHISEIDO GALLERY(資生堂ギャラリー)
開館時間:11時~19時(日祝は~18時)、月曜日休館
入場料:無料
詳細は、下記サイトにてご確認いただけます。
展覧会リンクサイト http://www.shiseidogroup.jp/gallery/exhibition/

花椿通りに面しているShiseidogallery

花椿通りに面しているShiseidogallery

あなたにおすすめ