本家超えのラーメン二郎インスパイア店はあるのか? 調査20回目『Kaeru』

しらべぇ

2018/4/14 18:30


本家二郎最強『八王子野猿街道店2』よりもうまいラーメンを求めて、食べ歩くこの企画。

味、量ともに二郎を超えるラーメンを見つけることができるだろうか。調査20回目となる今回は、『kaeru』を調査。

■無料トッピング「生たまご」


(©ニュースサイトしらべぇ)

中野駅前から続く商店街を進み右へ、少し入り組んだところに目的のkaeruを発見。店内は清潔で広く、落ち着いた雰囲気。

(©ニュースサイトしらべぇ)

無料トッピングは野菜、玉ねぎ、脂、ニンニクでマシまで可能とのこと。そして大注目は生たまごまで無料だ。

これまで、多くの店舗を訪れたが、生たまごが無料トッピングだったことは一度もない。熱い展開に、心躍るばかり。麺も細麺と太麺を選択できるので、お好みの麺をチョイスしよう。

さっそく全マシで太麺のラーメン(750円・税込み)を注文し待つこと数分。

(©ニュースサイトしらべぇ)

美しく、そして鋭くそびえ立つ山が魅力的なラーメンが着丼した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

生たまごは別皿で提供された。

■生たまごに絡める背徳感


(©ニュースサイトしらべぇ)

生たまごをアツアツのラーメンに落として、総重量を計測してみると、1,899g(器アリ)と見た目によらず少し軽い印象。

(©ニュースサイトしらべぇ)

野菜は、シャキシャキとした食感と甘みのあるもやしに、すこし辛い玉ねぎがアクセントとなり、飽きさせない。

(©ニュースサイトしらべぇ)

麺は太麺をチョイスしたのだが、実際の麺は中太といったところ。絶妙な茹で加減で小麦の風味が口いっぱいに広がる。

(©ニュースサイトしらべぇ)

たまごに潜らせれば、縮れ麺とよく絡み、それはそれはまろやかで、言語化不要のうまさだ。

■人肌に温められたチャーシュー


(©ニュースサイトしらべぇ)

スープは豚のコクがしっかりと溶け出した本格派の味。しつこくなく、まろやかな口触りでゴクゴク飲めてしまいそう。

(©ニュースサイトしらべぇ)

そして感動したのは大きなチャーシュー。一般的なラーメン屋は、チャーシューを冷蔵庫からそのまま取り出し、トッピングしていることがある。

そのため、チャーシューが冷えて残念な状態になっていることも。だがここのチャーシューは、人肌に温められているため、豚の甘みを最大限に味わえる。

ホロホロに崩れるほど煮込まれた神豚。一切妥協しない姿勢に、リピート確定だ。



最後に、再計量してみると、989gであったことから、具材重量は910gであった。

■評価


今回の評価は

・二郎度 ★★★★

・量 910g

・総合 ★★★★

※5点満点

二郎系という枠組みの中では、標準的な量であったが、無料トッピングのたまごや、人肌に温められたチャーシューに感動。

【kaeru】

場所:東京都中野区中野5-56-12 1F

定休日:月曜日

■インスパイア味ランキングTOP10(暫定)


1位:八王子野猿街道店2(本家)

2位:らうめん さぶ郎

3位:ラーメン 麺徳

4位:影武者

5位:kaeru

6位:用心棒

7位:らーめん 526

8 位:凛 渋谷店

9位:ポークヌードル内藤

10位:眞久中

・合わせて読みたい→本家超えのラーメン二郎インスパイア店はあるのか? 調査13回目『らーめん影武者』

(取材・文/しらべぇ編集部・ふふふふ

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス