最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

大杉漣さんお別れの会 泉ピン子 訃報の翌日に電話「もしかしたら出るんじゃないかと思って」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2月21日に急性心不全のため亡くなった俳優の大杉漣さん(享年66)のお別れの会「さらば!ゴンタクレ」が14日、東京・青山葬儀所で営まれ、親交があった俳優仲間ら多くの業界関係者が約700人が参列。さらに、約1000人のファンが一般ブースで献花した。

 参列した俳優の笹野高史(69)は「(大杉さんは)僕よりも先に映像作品で脚光を浴びた人。どこかで会った時に『おお、漣さん、今年何本映画出た、俺、6本!』『俺、17本』って…敵わないなって。それぐらいバリバリやってらした」と振り返り、「(TBS「夜のせんせい」で)女装趣味のお父さんの役で恥ずかしそうにしているのが印象的でした。見ていたくなるような、数少ない俳優さんでした」としみじみ。「私は常々、現場で死にたいと口走っておりますが、漣さんはいい死に方したな、羨ましいなと思いましたが、それは残されたものは悲しい。もう一回会いたかった。仕事場で死にたいなんて言っちゃいけないんだなと、反省しました。あなたと同じ時代に生きていて良かった、ありがとう。いい刺激をもらいました」と話した。

 女優の泉ピン子(70)は「『何でそんなに働くの?ちょっと休めばいいのに』と言ったら、(大杉さんは)『遅くに忙しくなったからもったいなくて断れない』って」という会話を回顧し、「本当に惜しい役者でしたね。何でもできる人で、信じられないまだ」と涙。漣さんからの突然の訃報に「信じられなくて、次の日に漣さんに電話しちゃったのよ。もしかしたら出るんじゃないかと思って…」ともらし、最後は「私もすぐに行くから、またね!」とメッセージを送った。

 俳優の椎名桔平(53)はサッカー好きということで一緒にサッカー観戦するなど親交があったといい、「本当に愛されていた人」だとし、「いなくなったという実感が沸かなくて、ニュースを見て知った」。最後に会ったのはは昨年出演した「バイプレイヤーズ」にゲスト出演した時だったといい、「お会いしたのはそれが最後でした。その時の光景が蘇りましたね。さっき遺影を見て、本当に亡くなったんだと込み上げて来ました」と悲しんだ。

外部リンク(スポニチアネックス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス