最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

この服、アクセは大丈夫?結婚式のNGファッション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚式の招待状を受け取った後、「何を着ていこう?」と頭を悩ませている人も多いはず。タブーやマナーを踏まえつつ、現代にマッチした新ルールを考えてみました。

現代の結婚式にマッチした装いとは?

結婚式に招待されたとき、「何を着ていこう?」とワクワクした気持ちになる人、多いのではないでしょうか。でも、結婚式の装いにはマナーやタブーがあります。それをはずしてしまうと、「常識知らず!」と陰口(?)を叩かれることにも。

そこで、マナー本の「結婚式の装い」の部分をチェックするわけですが、そこには「これは一体いつの時代の話?」と首をかしげたくなるような、古くさい話が載っていたりします。

一方、春秋の結婚式シーズンには、ファッション誌にも結婚式のお呼ばれ服特集が組まれたりしますが、なかには露出や装飾がちょっと微妙だなというものも見受けられます。

結婚式も昔に比べるとずいぶん様変わりしています。会場や雰囲気など、現代の結婚式にふさわしい装いは何か、考えてみたいと思います。

会場と招待客、雰囲気を確認

結婚式の装いを考えるときに、真っ先に確認したいのはその結婚式がどこで行われ、どんな人たちが招待され、どんな雰囲気のものなのかということ。というのもこれによって装いはかなり左右されてくるからです。

たとえば、格式あるホテルで、親族や親の仕事関係の人も招待され、正統派の披露宴を行う場合と、カジュアルなレストランで、友人が主体のアットホームな披露パーティーを行う場合では、同じ結婚式とはいえ、着るドレスが違ってくるのはおわかりいただけると思います。

招待客や雰囲気については新郎新婦に直接聞いてみるのが一番だと思いますが、会場名からだけでもだいたいのところはつかめるはず。行ったことのない会場なら、インターネットで検索してみましょう。おおよその雰囲気はわかりますよ。

カジュアル化する現代も、やはり白いドレスは絶対にダメ!

結婚式の装いを考えるうえでこれだけは絶対に守りたいということを再確認しておきましょう。それは、白色(アイボリーも含む)の服は身に着けてはいけないということ。白は花嫁の色ですから、招待客が白色を着るのはマナー違反となります。これだけは絶対に守ってください。

薄いレモンイエローやブルー、ピンクなども、光沢のある素材の場合、光線の加減によっては白色に見えてしまうこともあります。これらは絶対に着てはいけないということはありませんが、誤解されないためにも避けたほうがいいかもしれません。

また、フォーマルな場所では無地が基本となります。織柄や刺繍、レースの模様については問題なしですが、プリント柄のドレスは避けたほうが無難です。

ドレスは柔らかな質感のあるエレガントな素材で

服装に関しては、ワンピースやスーツなど改まった雰囲気があるもので、なおかつ華やかなものがおすすめです。

特に気を付けたいのは素材。シルクやジョーゼットなど柔らかでエレガントな印象のあるものがお勧めです。反対に、コットンや麻、デニムなどカジュアルな雰囲気のものは避けましょう。

肌の露出は控えめに

昼間の披露宴に関して言えば、肌の露出はやや抑え気味にしたほうがいいと思います。スカートの丈も短過ぎないように。

キャミソールドレスなどの場合は、ストールやボレロなどを羽織るのが定番ですが、こうした装いが若い女性の定番になりつつあり、個性が感じられないという声も……。ずるずるとしたストールを羽織るくらいなら、最初から袖ありの素敵なドレスを選ぶほうが潔くてよいかもしれません。

今時は、フェミニンな雰囲気のパンツスーツもあり

パンツスーツについては、柔らかでとろみのある素材で、ワイドシルエットならドレスっぽく見えて、パンツスーツでも十分に華やかさが出せるのではないでしょうか。また、ジャケットがボレロ風になっていたり、ビーズなどの飾りがついていたりするもので、華やかな雰囲気があるものもよいと思います。

ただし、ビジネスで着るようなカチッとしたテーラードのパンツスーツは今時においても基本的にNG。黒のスーツでも着ようものなら、ウエディングプランナーと間違えられること必至です!

アクセサリーはフェイクでもOK

アクセサリーに関しては華やかに! 日中はきらきらしたものは避けるのがマナーとされていますが、個人的にはそこまで気にすることはないのでは?と思います。あまりがちゃがちゃとしたものはNGですが、ほどよい華やかさは必要ではないでしょうか。

さらに、マナー本などを見ると、「質の高いものを」なんて書いてあったりしますが、質の高いものってダイヤやプラチナ、ゴールド? そんなものなかなか持っていないですよね。私はフェイクでもまったく問題ないと思います。

デコルテ部分が大きく開いたものでも、ボリュームのあるアクセサリーを着けたり、重ね付けしたりすることによって、意外に露出が気にならなくなることもありますから、積極的に取り入れてみてください。

フォーマルシーンでよく使われるパールは、玉の大きなものがおすすめ。小ぶりなものを付けるのなら二連や三連にしたり、他のネックレスと重ね付けするなどして華やかさをプラスしましょう。

バッグは小ぶりのものを。間違っても普段使いのものを持っていってはいけません。会場ではクロークで荷物を預かってくれますから、パーティー用バッグをきちんと用意してください。

バックストラップやオープントゥの靴でも問題なし

おしゃれの仕上げは足元。ということで、最後は靴についてです。これもマナー本には「パンプスで!」と書かれていますが、マナーにうるさい年配者が出席している結婚式の場合を除き、バックストラップやオープントゥでもそれほど問題はないと思います。

むしろヒールの太い無粋なパンプスのほうが、よっぽど場にそぐわないのではないかと思います。

ヒールについては、ある程度の高さがあったもののほうがフォーマル感があっていいと思います。ウエッジヒールについては、靴全体の雰囲気がエレガントなもので、服装ともマッチしているのならOK。ただし、ジュート巻きなどカジュアルな雰囲気のものは避けるのが無難でしょう。

ひとつ気をつけたいのが素材。ヘビやワニなどの素材は「殺生を連想させる」として、身に着けないほうがいいといわれています。牛革だって殺生して作ってるじゃない、といわれればその通りだと思うのですが……。

ストッキングを避けたいなら、脚用ファンデで生脚カバー

春から夏にかけて話題となるのが、ストッキングを履くか履かないか問題です。履けば誰からも文句は言われないと思いますが、オープントゥの靴で、ペディキュアの色までコーディネートしました!なんて場合には、できればストッキングは履きたくないもの。

そのような場合は、脚のケアを怠りなく。「ストッキング履いてるの?」と見まごうくらいの美しい脚に仕上げましょう。脚用ファンデーションなどを使用すれば、生脚っぽさも解消できると思います。ただし、格式あるホテルでの結婚式にはストッキングありが無難かも。

マナーは時代によって変化していくもの、と私は思っています。昔から言われていることだからと無理に合わせるのではなく、その時々の状況に合わせ、臨機応変に対応していくとよいのではないでしょうか。
(文:粂 美奈子)

外部リンク(All About)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス