最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

妹思いの優しい兄 手術後にできた妹の傷跡の写真を持って向かった場所は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

@alanamc_12
アメリカに住む17歳のアラナさんはある日からたびたび、目まいと吐き気に襲われるようになりました。さらに数か月後、突然片方の耳が聞こえなくなったといいます。

そして病院でMRI検査をした結果、脳腫瘍の1つである髄芽腫が見つかったのです。

アラナさんは手術を受けることを決意。手術は無事に成功し、90%の腫瘍を摘出することができました。

しかし、手術によって彼女の後頭部には大きな傷跡が残ってしまいます。

元気のない妹のために…兄がしたこととは

手術は成功したものの、アラナさんは傷跡のせいか元気を失っていました。その様子に気付いたのは兄のイーサンさん。彼はそんな妹を見て、「俺が彼女を笑顔にしてあげなくちゃ」と思い立ちます。

アラナさんの傷跡の写真を手にイーサンさんが向かったのは、行きつけの理髪店。そして理容師にいいました。

「この写真とそっくりにしてくれ」

俺は妹が大好きだ!この腫瘍をやっつける時が来たぜ!
@Ethan_mcmoney ーより引用(和訳)
私には最高のお兄ちゃんがいるの。
@alanamc_12 ーより引用(和訳)なんとイーサンさんは、髪をアラナさんの傷跡そっくりに刈り上げたのです!

お兄さんの髪型を見たアラナさんはこの笑顔。イーサンさんはその時のことを海外メディア『FOX NEWS』に語っています。

「手術の翌日、彼女は俺の髪型を見たんだ。そして彼女を笑顔にすることができた。

そのためだけにしたことだから、やったかいがあったよ」
FOX NEWS ーより引用(和訳)手術は成功しましたが、アラナさんにはまだ治療が残っています。これから、化学療法と放射線治療を行うということです。

普段からとても仲がいいという、アラナさんとイーサンさん。一緒に闘ってくれるこんなに優しいお兄さんのサポートがあれば、きっと彼女はこの先の治療も乗り越えられることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

外部リンク(grape)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス