最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

レイプ、DV…暴力の根本にあるのは相手への「恐れ」|斉藤章佳×中村うさぎ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【斉藤章佳×中村うさぎの「依存症対談」Vol.3】

痴漢は性欲の問題ではなく、「依存症」――おそらく日本で初めて痴漢について専門的に書かれた本である『男が痴漢になる理由』(イーストプレス)で、痴漢加害者に対する従来のイメージを覆した、精神保健福祉士・社会福祉士で大森榎本クリニック精神保健福祉部長の斉藤章佳さん。

自身も若い頃に「買い物依存症」を患っていたエッセイストの中村うさぎさんは、斉藤さんの著書にある痴漢も依存症という考えに衝撃を受けたとともに、その根底に共通するものを感じたそう。

そんなお二人のトークイベントが、3月上旬、下北沢の書店「B&B」で開催されました。その内容を全3回にわたってお届けします。

◆男と女、それぞれの“暴力”

斉藤章佳(以下、斉藤):男性は精神的に極限まで追い詰められた時、自死(自殺)か(性)暴力を選択するという話をしましたが(詳しくは前回記事を参照)、以前、拘置所で継続的に面会していた強姦の常習者に「なぜ、あなたは強姦を選択するんですか?」と聞いてみたんです。すると、「復讐したいから」と彼は答えました。

中村うさぎ(以下、中村):誰に?

斉藤:女性に。

中村:ほう。

斉藤:彼は見た目は女性からモテるタイプなのですが、学生時代女の子にいじめられていて、その劣等感をずっと持ち続けていました。彼にとって強姦は、あらゆる暴力の中でも一番女性の人生を破壊できる行為なんです。殺人だと苦しみがそこで終わってしまうから。

中村:なるほど。

斉藤:復讐と表裏一体になっているのは、男性の加害者性の特徴だと思うんです。一方で、女性の加害者性の特徴は「見えづらいこと」だという話を以前うさぎさんとしましたね。

中村:女の人は攻撃性がない、薄いと言われていますけど、そんなことないんですよね。ただ、本人たちがそれを自覚していなかったり、社会が気づいていなかったりする。

性犯罪については男性から女性に対するものが圧倒的に多いから男性の攻撃性ばかりに目がいってしまうけど、そもそも逆は、物理的に不可能。女の人が男の人をレイプしようと思っても力の差があるし、男のチ●コは正直者じゃないですか。もう世界一正直者ですよ(笑)。

斉藤:確かに(笑)

中村:でも、女の人はその気がなくても入れられてしまう。ただ、別のところで攻撃性を発散させていると思うんです。子供のいない私が言うとまた怒られるんだろうけど、例えば育児とか。子供をすごくコントロールしたり、抑圧したりすることで加虐趣味や支配欲みたいなものを満たしているかもしれない。

あと、女同士のマウンティングだって当然あるし、男に対するマウンティングだってありますよね。漫画『先生の白い嘘』(鳥飼茜)の中で、男子高校生がバイト先のおばさんに無理やりホテルに連れていかれてセックスを強要されて、断ったら「女に恥かかす気?」って言われて、無理やりやらされちゃうわけですよ。そのことが彼にとってすごくトラウマになって、担任の女教師に「先生、セックスはいつも男の責任なんですか?」って質問するんです。そこで女教師が言葉に詰まるシーンに、だよなぁって。

セックスについては、男の人にいつも責任がある、男の人がいつもリードしなきゃいけない、男の人はいつも加害者であるっていう世間的な決めつけゆえに女の人がそれを逆手に取っているケースもだいぶあると思います。

◆暴力の根本にあるのは、他者への「恐れ」

斉藤:なるほど。男女で共通しているかわからないのですが、男が加害者性を出す時、つまり暴力を振るう時の感情の根っこは「恐怖」だと思うんです。これは、DVの加害者臨床を15年くらいやる中で、「なぜ男は女を殴るのか」というシンプルな疑問から始まったんですが、男性は自分より弱い、あるいは下だと思っている存在から反発される、もしくは見放され、排除されることが、ものすごく怖いんです。

ただ、男らしくあれ、弱さを見せるな、我慢しろ、と生育環境の中で条件付けられているので、怖さを否認するわけです。その怖さから身を守る方法の一つとして、暴力を選択する。暴力は選択しているのです。DVにしても性犯罪の問題にしても、加害者の根本にあるのは認めたくない他者への「恐れ」なんです

中村:私はバツイチで再婚しているんですが、最初の結婚の相手は、直接殴ることはしないけどDV系の人だったんです。物を投げつけてきたり。彼がキレて暴れる時は、たいてい私に言い負かされた時なんです。女に言い負かされることがイヤだったんでしょうね。まあ男に言い負かされるのもイヤだろうけど。

人生において負けないで生きていく人なんていないじゃないですか。何かには絶対負ける。

◆助けを求めることは、生きるうえで必要なスキル

斉藤:私もずっとサッカー部で体育会系だったから、負けを受け入れられなかったんです。特に怪我をしてサッカーで飯を食っていくことを諦めたときは、「裸で外を歩いている」感覚でした。他者との間で自分が優越感(酔い)を感じることができる手段を失った喪失感は、アルコール依存症者が酒をやめてしらふで生き始めた頃の心情と似ているかな。

でもそれは、クリニックに就職してから変わりました。最初に携わったのがアルコール依存症の現場だったんですが、AA(自助ブループ)ではみんなが自分の弱さについてオープンに話し合うんです。弱さをオープンにすることが、仲間の強さになるから。

ある時、AAの仲間の一人から「あんた正直な話が出来てないな。あんたの弱い話が聞きたいよ」って言われたんです。完全に見抜かれていると思いました。それから自分の弱さについて素直に話すようになって、それを受け入れられる心地よさに気づいたんです。つながるって心地いいんですよ、すごく。

中村:そうなんですね。

斉藤:それでも、私の「勝たなきゃいけない病」は抜けなくて、勤めて1年目の時に上司から、「今の仕事のやり方ではいずれ燃え尽きる。あなたは助けを求めるのがすごく下手だから、1日に1回でいいから職場で『助けて』って言いなさい」と言われたんです。

中村:助けがいらなくても?

斉藤:新人なのに助けが必要であるということを否認してましたから。まぁ、端的に言えば仕事を抱え込むクセを見抜かれていたんだと思います。私にとって人に助けを求めるのはすごく辛いことでした。なぜかということ他人に助けを求めるには「謙虚さ」が必要なんです。それを繰り返しやっていくうちに、助けを求めることが生き抜くためのスキルになってきました。実は、人に助け求めることは依存症の治療の第一歩でもあるんです。

◆自立とは依存先を増やすこと

中村:以前、送っていただいたあのTEDの動画、ジョハン・ハリの講演にも通じますね。

斉藤:はい、「『依存症』-間違いだらけの常識」という講演。ハリは身内の薬物依存症者を立ち直らせようと、世界中の専門家に話を聞く旅に出たんですが、最終的にたどり着いた結論が、「アディクション(依存)の反対はコネクション(繋がり)」だった、という内容ですね。

中村:私、その言葉にとても感銘を受けたんです。私が買い物依存症になったのは、自立することにこだわっていたからなんですよね。特に家庭環境が悪かったわけじゃないんですが、昔から父親と折り合いが悪くて、ある日、父親に「お前は俺の稼ぎで飯食ってんだろ、俺のルールを曲げたいんだったら自立してから言えよ」って言われたんです。

専業主婦の母が父親に対して羊のように従順なのを見ていたのもあって、男に食わしてもらってたら一生こんな風に飼い殺しにされるわ! じゃあ自立してやろう、と。

でも、自立は経済的なことだけじゃなくて、人に頼らない、助けを求めない、弱みも見せないことだと思い込んで、一人でなんでも出来るフリをしていたら、急に落とし穴のように依存症にハマってしまった。自立を求めるあまり、孤立をどんどん深めてしまったんだと思います。

斉藤:「孤独」は依存症のキーワードの一つです。孤独って一番、人の心と体に悪いと思うんです。だから人には仲間が必要だし、繋がりが必要なんですよね。

中村:私、人に頼るのが本当に嫌いで、助けを求めるのも苦手だったんですけど、何年か前に病気をして足が悪くなって、夫や周りの人に手を貸してもらわなくちゃいけない状況になってから、少しオープンになれたんです。“情けない自分”になったんですけど、少し“開いた自分”にもなれた。

脳性麻痺を患いながら小児科医として活躍してきた熊谷晋一郎先生の言葉で、「自立とは依存先を増やすこと、希望とは絶望を分かち合うこと」というのがあるんですが、まさにそうだと思いました。

斉藤:有名な言葉ですよね。私も依存症治療で大切にしている言葉です。

中村:熊谷先生から聞いて感心した話があって、外でトイレ行きたくなって誰かの手を借りなければいけない時、必ず男女のカップルに声をかけるそうなんです。男は女の前で、女は男の前でいい顔したいから、利害が一致して十中八九助けてくれるって聞いて、なるほど! と。熊谷さんは男性にトイレに運んでもらって、お尻まで拭いてもらえるそうです(笑)。

人の助けがないと生活ができない人がどのように人を利用するか、という話は参考になるんですよね。「利用する」っていうと人聞き悪いけど、利用していいんですよ。快適に生きることは、生活の知恵。

それこそ私のように歩けなくなりましたとか、買い物依存症でしたとか、はたまた、痴漢がやめられませんとか、そういうマイノリティの変わった人々だけでなく、「依存先を増やす、絶望を分かち合う」ということは、現代人にとって普遍的に必要なことなんだと思います。

【斉藤章佳 プロフィール】

1979年生まれ。精神保健福祉士・社会福祉士/大森榎本クリニック精神保健福祉部長。大学卒業後、アジア最大規模といわれる依存症施設である榎本クリニックにて、アルコール依存症を中心に薬物・ギャンブル・性犯罪・クレプトマニアなどさまざまなアディクション問題に携わる。2016年から現職。専門は加害者臨床。著書に『男が痴漢になる理由』(イースト・プレス)など。

【中村うさぎ プロフィール】

1958年福岡県生まれ。同志社大学文学部英文科卒。OL、コピーライターを経て、作家デビュー。その後、壮絶な買い物依存症の日々を赤裸々に描いた週刊誌の連載コラム「ショッピングの女王」が話題となり、『女という病』『私という病』などエッセイ、小説、ルポルタージュに著書多数。近著は『他者という病』(文庫版)、『エッチなお仕事なぜいけないの?』。

<TEXT/女子SPA!編集部>


外部リンク(女子SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス