最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

6万円のビニール袋を販売したセリーヌに“批判殺到”…のウソ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


― ひろゆきのネット炎上観察記 ―

▼高級ブランドの限定商品は、590ドルのビニール袋!?

高級ブランド「セリーヌ」がアメリカの百貨店で販売するレジ袋がネットを賑わしている。透明のビニール袋にもかかわらず590ドルという高値だったからだ。袋にはブランドロゴとともに、4か国語で「子どもの窒息を避けるためバッグでイタズラしないで」という文言があるのみ。ネット上では「誰が買うんだ?」「嫌なら買うな」などの声も

◆ブランド品の高額レジ袋に、驚く人ってイマドキいます?

高級ブランドのセリーヌが、シアトルの百貨店にポップアップショップを出して、そこでビニール袋が590ドル(約6万円)で販売されて批判されているってのがニュースになっているようです。んでも、ネット上の声を見ていると「ビニール袋なのに高すぎる」って批判とは、ちょっと違う印象があったりします。

どんな感じなのかというと、「ブランドなんてそんなもん」とか「それで商売成り立ってるなら適正価格なんだよ」とかみたいにブランド品が高いことは当然っていうものだったり、「高付加価値路線の成れの果てって感じ。もっとぶっ飛ぶべき」とか「客がどこまでアホなのかのテストだろ」みたいな皮肉っぽいのが多かったりして、商品が高すぎるってことを叩く意見を言う人が少ない気がするんですよね。

もちろん世の中には自分の価値観を押し付けたい人が出てくるので、「高すぎる」と文句を言っている人もなかにはいますけど、そこまで多くはない気がします。

そもそも高級ブランドの商品って、ナイロンのトートバッグが10万円だったり、携帯ストラップが5万円だったりと、高額で売られていたりするものなんですよね。ただ、今回は単なるビニール袋だったことが珍しかったからか、話題になったのだと思うのですよ。。。

もちろん、高級ブランドが原材料とかの部分で嘘をついていたら問題だと思いますけど、そうでなければ原価の安い商品を高額で売ったとしても、お客さんはそれを納得して買っているってことなので問題ないと思うんですよね。

世の中には材料費もかからないデジタルデータに数万円払う人たちが大勢いたりしますし、酒やたばこのように健康に害があるとわかっていても買う人が多くいるんですよね。って感じで、自己満足のためにしょうもないものにお金を払う人ってのは数多くいるわけですよ。

ってことを今さら驚いてもしょうがないし、「世の中そんなものだらけだよね」ってことを理解していないことのほうがおかしい気がするんですけど、どうなんでしょうかね?

※1.シアトルの百貨店

シアトルに本店のある、アメリカ有数の高級百貨店「ノードストローム」

※2.原材料とかの部分で嘘

’17年10月には、植物(天然)由来原料のみで作られていることを売りにするコスメブランド「ジョンマスターオーガニック」が商品のラベルに一部成分表示の不備があり製品を自主回収中。その成分内容はケミカル成分が多く含まれていた

※3.デジタルデータに数万円払う

『ファミ通モバイルゲーム白書2018』によれば、’17年1月1日~10月3日までの国内モバイルゲーム課金売り上げは、1位がモンスターストライクで1041億円。以下『Fate/Grand Order』896億円、『パズル&ドラゴンズ』473億円と続き、10位の『ポケモンGO』も143億円と100億円を突破している

【西村博之】

41歳。元ニコニコ&2ちゃんねるの管理人。’15年には米国の掲示板サイト『4chan』の管理人に就任。フランス在住、たまに日本。「最近、ヨーグルト作りを再開して量産しているんですが、ヨーグルトは時間がたつほど酸味が強くなるので、酸味が少ないのが好みな人は自分で作ったほうが好みの味にできますよ」

撮影/根田拓也


外部リンク(日刊SPA!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス