最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

今井朋彦&浅野和之 名脇役も三谷幸喜氏脚本「黒井戸殺し」彩る「フワリ漂う」「凝縮した」芝居

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 俳優の今井朋彦(50)と浅野和之(64)が14日放送のフジテレビ「黒井戸殺し」(後7・57~11・10)に出演する。脚本家・演出家の三谷幸喜氏(56)がミステリーの女王アガサ・クリスティーの名作を脚色するドラマ第2弾。三谷作品常連の名バイプレーヤー2人もドラマを彩る。

 2015年1月に高視聴率をマークし、好評を博した「オリエント急行殺人事件」(第一夜=16・1%、第二夜=15・9%、ビデオリサーチ調べ、関東地区)に続き、狂言師の野村萬斎(52)が主演し、名探偵・勝呂武尊(すぐろ・たける)を演じる。今回は、推理小説史上に残るクリスティーの名作「アクロイド殺し」の日本初映像化に挑んだ。

 「アクロイド殺し」は、クリスティーが1926年に発表した6作目の長編小説。名探偵エルキュール・ポアロのシリーズ3作目に当たる。英国の片田舎キングズ・アボット村で、村の名士アクロイド氏が短刀で刺殺されるという事件が発生。その直前には、アクロイド氏の婚約者フェラーズ夫人も睡眠薬による自殺を遂げていた。町医者・シェパードは2人の検死を担当し、異常事態を手記に書き留める。

 シェパード医師の手記を読む形を採り、物語は展開。結末におけるトリックの斬新さは当時世界中に衝撃を与え、そのトリックをめぐり「フェア・アンフェア論争」が引き起こされ、長らく「映像化不可能」とされてきた。

 「黒井戸殺し」は物語の舞台を昭和27年(1952年)の日本に置き換え。名探偵ポワロ→勝呂(萬斎)と相棒を組み、事件の謎に立ち向かうシェパード医師→柴平祐は大泉洋(45)が演じる。

 今井は文学座のエース的存在。三谷作品はドラマ「HR」「新選組!」「真田丸」、舞台「恐れを知らぬ川上音二郎一座」「国民の映画」「おのれナポレオン」などに出演。今回は、殺害される村の名士・黒井戸禄助(遠藤憲一)旧友、作家の蘭堂吾郎を演じ「蘭堂吾郎。作家と言いながら、書いているのか、いないのか。誰とどのくらい仲が良いのか、悪いのか。今回の事件同様、謎の多い人物でございます。つかみどころのない役柄を楽しみながら演じました。事件の周りをフワリと漂う蘭堂にご注目ください」とアピールしている。

 同局の渡辺恒也プロデューサーは「蘭堂は黒井戸の親友である作家ですが、実は“名うての色事師”と呼ばれている色男という噂のある人物です。何故か黒井戸の姪・花子(松岡茉優)と仲が良いため、花子に密かに淡い思いを抱いている柴(大泉)をイラ立たせます。独特な世界観を持つ今井さんに演じていただくことによって、柴の嫉妬もより際立って描けたような気がします」と手応えを示した。

 浅野も「安部公房スタジオ」「夢の遊眠社」を経て、舞台を中心に活躍。三谷作品は映画「THE有頂天ホテル」「ザ・マジックアワー」「清須会議」、舞台「You Are The Top~今宵の君~」「12人の優しい日本人」「ベッジ・パードン」(萬斎と大泉が共演)などに出演。今回は、鱧瀬弁護士を演じ「三谷さんの作品は、役に対してヒントがあって、いつもおもしろいアプローチを仕掛けてくるという印象があります。今回の役どころについては、はじめ90歳くらいのイメージを持って現場に入ったのですが、かなりの年齢設定を上げすぎたようで、結局、現場では70歳くらいのイメージで演じました(笑)。今回はワンシーンに集中し、凝縮したお芝居をお楽しみいただければと思います」と呼び掛けている。

 渡辺プロデューサーも「お芝居自体が非常におもしろく、浅野さんのいらっしゃる現場は常に笑いが起きていました。鱧瀬弁護士が遺言書を読み上げるシーンは、浅野さんならではのアドリブも効いていて注目していただきたいです」と訴えた。

 余貴美子(61)草刈民代(52)向井理(36)佐藤二朗(48)和田正人(38)が三谷作品に初参加。三谷作品の常連と言える松岡茉優(23)秋元才加(29)寺脇康文(56)藤井隆(46)吉田羊(年齢非公表)斉藤由貴(51)遠藤憲一(56)と豪華キャストが勢揃い。演出は「世にも奇妙な物語」シリーズや「リーガルハイ」シリーズ、「マルモのおきて」などの城宝秀則氏が担当した。

外部リンク(スポニチアネックス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス