最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「は、はじめまして…」 いくつになっても自己紹介が苦手な人たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(maroke/iStock/Thinkstock)

4月に入り、「初めまして」な人に出会う機会が増えている人も多いのでは。第一印象が肝心とはいうけれど、なかなか難しいのが自己紹介。

そんな、「自己紹介が苦手」な人はどれくらいいるのだろうか。

■苦手な人のほうが多い!


しらべぇ編集部が全国20代~60代の男女1,361名を対象に「自己紹介」について調査したところ、全体の61.6%が苦手だと回答。

特に多いのは、意外にもおしゃべり好きが多そうな20代~40代の女性だ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

「専業主婦になってから、新しい人との出会いが少なくなった。子供が生まれて、ママ友付き合いが始まって久しぶりに『初めまして』ってやったら、全然しゃべれないのね。自分でびっくり」(30代・女性)

「学生時代から自己紹介が苦手。しゃべらなすぎると暗い子認定されるし、下手なこと言ったらハブられるし…。ちょうどいいラインが未だにわからない」(20代・女性)

自己紹介の一言で、これから先の居心地の良さが決まってしまう…と、かなり重要視している人が多いのかも。

■稼ぐ人は苦手意識なし?


ちょっと気になるのは、年収別の結果。年収が上がるほど、苦手意識が減っているのだ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

「人脈が大事な仕事なので、『苦手なんです』とか言ってられない。一瞬で、どれだけ相手の印象に残るかが勝負だからね」(40代・男性)

「昔は本当に嫌だったけど、パーティやら交流会やらに顔を出し続けた結果、慣れてしまった。今では自分なりの『鉄板自己紹介』が完成してる」(50代・男性)

そんな慣れた人からすると、「狙いすぎた」自己紹介はNGだとか。

「自己紹介なんて、最低限の情報でいい。名前と、会社名・部署名と、どんな仕事をしているのか。狙いすぎた自己紹介は確実に滑るから。

内容に気合入れるよりも、ちゃんと相手の目を見て、笑顔で、ハキハキしゃべったほうが好印象になるんじゃないかな。『えー』『あのー』とかはもってのほか。自分のことなんだから、自信持って話せよって思っちゃう」(40代・男性)

6割以上が「苦手」に感じている自己紹介。ここでスタートダッシュを決めよう! などと気合を入れすぎるよりも、自然体で話したほうが好印象につながるかも。

・合わせて読みたい→自己紹介ギャグで差をつけろ!名前を一発で覚えてもらう方法

(文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代の男女1361名 (有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス