「天国にいるパパの近くに」米7歳少女、キリマンジャロ登頂の最年少・女子世界記録を更新

アフリカ大陸最高峰とされる標高5,895メートルのキリマンジャロ山頂を目指す人は、日々あとを絶たない。このほど米テキサス州の7歳少女がチャレンジし、見事に登頂を果たした。少女はキリマンジャロ登頂の最年少・女子世界記録者となった。『Inside Edition』『ABC News』『CBS News』などが伝えている。

テキサス州オースティンに住むモンタナ・ケニーちゃん(7歳)が登山に興味を持ったのは、昨年に母ホリーさん(45歳)の会話を耳にした時だった。「キリマンジャロ登山をしてみたいかどうか」という内容を聞いてモンタナちゃんは、ホリーさんに「自分も一緒に参加したい」と願い出た。

「娘の言葉を無視することはなかったのですが、娘が山の巨大さを知らないことはわかっていたので、私たちはリサーチしたりビデオを見たりすることから始めました。登山者が重い病気になることも娘に説明して、山登りは決して容易なことではなくハードなトレーニングが必要と伝えました。」

ホリーさんはキリマンジャロへの最年少登山資格が10歳であることを聞いており、7歳のモンタナちゃんが実際に登山できるようになるためのトレーニングは数年かかるだろうと思っていた。ところが今年1月末、ホリーさんはフロリダ州に住む8歳少女が昨年7月にキリマンジャロに登頂したことを知り、「もし世界記録を狙うなら、7歳のうちに登頂しなければならない」とモンタナちゃんに話した。

8歳の誰かがキリマンジャロ登頂の最年少・女子世界記録者という事実を知ったモンタナちゃんは、「もしすぐに行くなら、私が世界記録を更新できるよね」とやる気に火がついた。モンタナちゃんが8歳になるのは5月。そこでホリーさんは、モンタナちゃんの学校が春休みに入る3月に向けて、6日と半日コースの登頂の旅程を立て始めた。

元トライアスロン選手だったホリーさんは、仲間の1人を通して登山ガイドを紹介してもらい、7歳でのキリマンジャロ登山許可を得てもらった。標高5,895メートルの登頂に向けて、ホリーさんはモンタナちゃんと2人で週末には4時間~8時間のハイキングコース、学校がある平日には短いコースでのトレーニングに励み、体力を備えてきた。そしてホリーさんとモンタナちゃんは、リーダーを務めるガイドと20人以上のサポートスタッフから成るチームとともに登山を始めた。ホリーさんは当時の様子をこのように話している。

「私たちは1年も前から徹底的にリサーチして、娘自身もすっかり登山の準備ができていました。1日目はよく晴れて楽に登れましたが、2日目から最後までは雨や雪が降っていて凍えるほど寒く、私たち2人にとってはまさにチャレンジでした。」

2人は氷点下の中、テントで眠る日々を繰り返して登山を続けた。モンタナちゃんは、この登山で「もし自分が世界記録を破ることができたら、クールかも」という思いがあったが、実はそれだけが理由ではなかった。モンタナちゃんは、3歳の誕生日を迎えた1週間後に愛する父親を亡くしており、キリマンジャロが雲よりも高い山であることを知ってから天国にいる父親に少しでも近づきたいという思いがあったのだ。モンタナちゃんは、父が天使になって天国に住み、自分を見守ってくれていると信じていた。

「モンタナは登山の途中で決して弱音を吐きませんでした。私が『思っていたよりも辛い? やさしい?』と聞くと、娘はいつも『思ってたよりも簡単よ』と返してきました。登頂に成功して娘は空に向かって手を振り、投げキスをしていましたが、その姿はとても美しいものでした。きっと父親も天国から娘の姿が見えていたことでしょう。今は私が娘にとってたった1人の親であり、あまり若くもありません。だからこそ娘と素晴らしい思い出を築き上げたかったのです。娘に夢を叶えさせてあげることができ、お金には代えられないかけがえのない経験をさせてあげられたことをとても嬉しく思っています。」

誕生から2,865日目の3月16日、見事登頂に成功して最年少・女子世界記録を塗り替えたモンタナちゃんは、下山後の2週間、お祝いとしてタンザニアのサファリやビーチで楽しい時間を過ごしたそうだ。このニュースを知った人からは、「モンタナちゃん、世界記録おめでとう!」「たった7歳ですごい。チャレンジが成功して良かったね」「父親に近づきたいという思いで登頂したのが泣ける」「お父さん、きっと天国で娘を誇りに思っていることだろうね」といった声があがっている。

画像は『Inside Edition 2018年4月9日付「7-Year-Old Climbs Mt. Kilimanjaro to Be Closer to Late Dad, Breaks Record」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ