なぜジャニーズはルックアップに強いのか?! 嵐とHey!Say!JUMPのアクションの謎【Chart insight of insight】

Billboard JAPAN

2018/4/14 12:00



ビルボードのHot100を構成するデータのひとつにルックアップがある。これは、PCでCDを読み込んだ際、データベースにアクセスする回数のこと。レンタルもしくは友人などとの貸し借りが頻繁に行われているものほど、ポイントが高くなるのである。

今週のHot100でルックアップの順位を見てみると、トップ3は、米津玄師、星野源欅坂46という順位になっており、比較的Hot100の順位と整合性がある。しかし、ルックアップの4位がなんとの「Find The Answer」なのだ(【表1】)。この曲は2月21日リリースなので、3/5付で首位を獲得している。しかし、初動はよかったものの徐々に下降し、今週は77位。セールスやラジオのオンエアなど他のポイントも軒並み圏外となっているのに、ルックアップだけはずっと上位をキープしているのだ。

ここからわかることは、前述の通りレンタルが非常によく回転しているということ。では、なぜ嵐だけがここまで顕著なのかというと、おそらくジャニーズのファン層が他のアーティストに比べて若いためだろう。ジャニーズのメインターゲットである小中学生は、CDを気軽に買えるほどお小遣いはないはず。そうなると自然とレンタルを利用することになる。もしくは、持っている友人から借りるという選択も多いはずだ。このため他のポイントよりルックアップだけが突出して上位に残るのではないだろうか。

この現象は他のジャニーズ系でも見られる。嵐と同時期の2月14日にリリースされたHey!Say!JUMPの「マエヲムケ」も、2/26付のHot100で首位を獲得したが、現在はすでに圏外。しかし、ルックアップではいまだに16位に残っており、嵐の動きと比べてみても納得だろう。

なお、back numberやAimerなどもチャートアクションとルックアップのポイントに少しギャップがある。このあたりも分析してみると新しい発見があるかもしれない。Text:栗本斉

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ