最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

いきなり1億円もらえたら何ができるのか!?世界旅行なら約50周分、生涯賃金の5割の人も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 各界の著名人やスポーツ選手の年俸、さらには宝くじの当せん金額などで1つの大台とされている「1億円」。古くから「億万長者」という言葉があるように100万円、1000万円ではなく、1億円ともなると人生を左右される大金だ。そんな大金がいきなり転がり込んできたら、どんなことができるようになるのか。1億円の価値を改めて考えてみた。


転職サービスとして有名なパーソナルキャリア社運営のDODA(デューダ)が、公式ホームページで公表している平均年収は、2017年版の調べで20代が277万円。以下、30代が455万円、40代が541万円、50代が661万円と続く。20代社員なら約36人分。50代でも約15人分だ。生涯賃金は、日本企業などがまとめた統計データがないが、業種のよって幅があり約2~5億円とも言われている。人によっては、1億円が手に入れば、人生で働く半分の額になるわけだ。

「夢」を語る上で、毎回出てくるのが「世界1周旅行」だ。各旅行代理店のホームページなどを確認すると、こちらも豪華客船に乗る、贅沢なオプションを付ける、1年などゆっくり時間をかけるなどで変動するが、おおよそ100~200万円程度の数字が目に入る。200万円だとしても、1億円あれば50周はできることになり、「世界中を見まくってきた」と言ってもよいぐらいにはなる。

一般的なサラリーマンの最も高い買い物と言えば、やはり家だ。こちらもピンキリだが、東京都23区内でも一戸建てであれば6000~7000万円、マンションなら5000万円前後で十分に買える。また結婚して子どもを育てた場合、「1人あたり1000万円」と言われることも多いようで、ひとまずマイホームに子どもの教育費ぐらいまでは一発でクリアできそうだ。

では1億円を一発で手に入れるにはどうすればよいか。当然ながら確率は低いが、宝くじであれば、キャリーオーバーで最高6億円が得られるロト6をはじめ、毎年人気の売り場には長蛇の列ができるジャンボ宝くじ、さらにサッカーくじtotoの場合、BIGであればこちらも最高6億円のチャンスがある。競馬などの公営ギャンブルの場合は、過去にJRAの5つのレースで1着を当てるWIN5で、4億2012万円という高額が出たこともある。

テレビ番組で賞金が得られるものも多いが、AbemaTVで放送される「リアルカイジGP」は、参加者の中から1人が必ず国内テレビ企画としては最高額の1億円をもらえるとあって、エントリーには3万5000人が殺到した。また、視聴者が放送中に電話し、つながれば1/600の確率で1億円が当たる「見てるだけで1億円 運極ルーレット」という企画も発表されるなど、一攫千金ならぬ“一攫億金”に色めき立っている人が続出している。今後も「1億円」は、人々の夢の金額として話題になりそうだ。

(C)AbemaTV
▶4/15 22:00~ 人生逆転リアリティショウ リアルカイジGP #1


外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス