最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ第6弾 舞台『ジョン万次郎』に溝口琢矢、石原壮馬、正木郁、荒木宏文らの出演が決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年6月14日(木)~6月24日(日)まで、EXシアター六本木(東京)にて開催される「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」第6弾舞台『ジョン万次郎』の第一弾キャストが発表された。ジョン万次郎は幕末に初めてアメリカの地を踏んだ日本人と言われ、その後の開国に大きな影響を与えた人物として知られている人物である。

本公演の主人公・ジョン万次郎役には、『仮面ライダーゴースト』のシブヤ役をはじめとする仮面ライダーシリーズや、映画『忍たま乱太郎』『ジョーカーゲーム』といった作品に出演し、5次元アイドル応援プロジェクト「ドリフェス!R」のメインキャラクター5名によるユニットDearDreamの一員でもある、溝口琢矢だ。また、そのほか舞台を彩るキャストに、主演の溝口と共に「ドリフェス!R」でも活躍する石原壮馬、正木郁。さらに本シリーズ初参加となる俳優集団D-BOYSの荒木宏文、これまでの舞台に出演を続けてきたお馴染の役者陣から細貝圭、石井智也、井深克彦、寿里らの出演も決定した。

本シリーズは、教科書には詳しく載らないような歴史上の人物や出来事を、エンターテインメント舞台として表現するシリーズ企画だ。シリーズ第6弾目の舞台となる『ジョン万次郎』は、14才の時に海で遭難した土佐の漁師の万次郎が、アメリカの捕鯨船に助けられて、そのままアメリカ東部に暮らし、言葉も習慣も異なる地で、いじめや差別にくじけることなく強く生き抜いていった青春時代の物語である。本公演は、アメリカに残された記録や資料をもとに描いた作品として、2011年に優れた児童文学に贈られるニューベリー賞オナーを受賞したマーギー・プロイス(著)、金原瑞人(訳)の小説「ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂」(集英社文庫)を原案としている。

波乱万丈なジョン万次郎の数奇な人生を、舞台でどのように描かれるのか今から待ち遠しい限りだ。


外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス