あめ色玉ねぎ+バターのコクでプロ級のおいしさ! サクっとジューシーなメンチカツ

レタスクラブ

2018/4/14 11:30

ジューシーな味わいで、老若男女問わず高い人気を誇るメンチカツ。サクサクのころもや滴り落ちる肉汁がたまりませんよね。今回は、家でもプロ級のおいしさを再現できる「バターじょうゆ玉ねぎメンチ」をご紹介。ちょっとしたポイントさえ押さえれば、誰でも絶品のメンチカツを作れるようになりますよ。

味の決め手は、風味よく炒めた玉ねぎ。食感を生かすために少し大きめに切り、バターであめ色になるまで炒めます。さらにしょうゆで調味して、こうばしく仕上げましょう。ひき肉の油が溶けてしまわないように、粗熱をとってからメンチカツだねに加えてくださいね。

■ バターじょうゆ玉ねぎメンチ

【材料・2人分】

メンチカツだね(合いびき肉 150g、溶き卵 1/2個分、玉ねぎ 1個、バター 大さじ1、しょうゆ 大さじ1、塩 小さじ1/3、こしょう 少々、生パン粉 1/2カップ)、ころも(卵水[溶き卵1/2個分、水大さじ1]、小麦粉、生パン粉 各適宜)、つけ合わせ(ミニトマト 4個、クレソン 1束)、揚げ油

【作り方】

1. メンチカツだねを作る。玉ねぎは1cm角に切る。フライパンにバターを溶かして玉ねぎを入れ、しんなりして透き通った感じになるまで炒める。しょうゆで調味し、バットに取り出して粗熱をとる。玉ねぎは、大きめに切ると食感がよい。しんなりするまで炒め、味つけしたものを混ぜる。

2. ボウルにひき肉、溶き卵、塩、こしょうを入れて練り混ぜ、パン粉と1を加えて、さらに混ぜる。

3. 4等分にして小判形にまとめ、小麦粉、卵水、パン粉の順にころもをつける。

4. 揚げ油を中温(約170℃)に熱し、3のたねを1個入れて約1分待つ。菜箸で側面をさわって、ころもが少し固まったら裏返し、もう1個を入れる。2個のたねを一度に揚げ油に入れると油の温度が急激に下がり、サクッと揚がらなくなるので、時間差で入れる。フライ返しを使うと、静かに入れられる。

5. 2個目のたねを入れたら1分待ち、ころもが少し固まったら裏返す。全体にころもが固まったら時時上下を返しながら、5~6分ずつ、こんがり色づくまで半量ずつ(2個ずつ)揚げる。時々上下を返すことで、むらなく色づく。色や時間のほか、パチパチという音が大きくなるのも揚げ上がりの目安。

6. 器に盛り、ミニトマトとクレソンを添える。

(1人分548Kcal、塩分2.8g)

揚げものだと躊躇する人も多いですが、揚げたてのアツアツのおいしさは、手作りならでは。あらかじめメンチカツだねを作っておき、直前にころもをつけて揚げてもOK。おかずとしてはもちろん、お酒のおともとしても活用してみては?(レタスクラブニュース)

https://www.lettuceclub.net/news/article/143622/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ