最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「好きな人には好かれない。どうでもいい人には好かれる」女子の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「好きな人には好かれない。どうでもいい人には好かれる」女子の特徴

「なんとも思ってない人からは好かれるのに、いつも気になる人からは好かれない」

「なんでいつも、意識してない人から好意を寄せられちゃうんだろう」

そんな女性は多いはず。

今回は、「好きな人からは好かれないのに、興味がない人からは好かれる」女性の特徴と、打開策についてご紹介します。

「好きな人からは好かれないのに…」女子の特徴①緊張してしまう


好きな人からは好かれないのに、なんとも思っていない人からも好かれてしまう理由として、「好きな人の前では緊張してしまって素が出せない」というものが挙げられます。

人間は、「自己開示してくれた人に、自己開示しよう」という意識が働きがちです。オープンに話せば話すほど、相手もオープンに色々話してくれて、仲良くなれる可能性は高まるのです。

好きな人の前では緊張してしまって素が出せない、という場合、「よく見られたい」という気持ちが強く働いている可能性があります。「よく見られたい」という気持ちが強すぎると、あなたの魅力が相手に伝わらないことが多いのです。好きな人と話すときほど、「よく見られたい」という気持ちを意識的に排除して、素の自分を見せるように努めた方がいいでしょう。

「好きな人からは好かれないのに…」女子の特徴②神聖視しすぎている


相手を「雲の上の人」「素敵すぎて私なんかを好きになってくれるわけない」という態度で崇めてしまっている場合もあります。

「雲の上の人」という態度で接してくる女性に対して、対等に接するのは難しいのが人情でしょう。男性から、「こんなに崇めてくれているんだからイメージを壊してはいけない」「イメージが壊れるから近づかないでおこう」と距離を置かれてしまう場合もあります。

また、神聖視しすぎることで、男性から「この子俺に夢中だな、こっちが努力して追いかける必要はないな」となめられてしまう場合もあります。

恋は盲目ですから、好きな人を「この人ってすごい」と特別視してしまう気持ちは分かりますが、対等な立場で恋愛をしたいのなら、特別視することなく、対等な立場で接する方が望ましいでしょう。

「好きな人からは好かれないのに…」女子の特徴③自分を好きではない


「好きな人からは好かれないのに、雑魚からは好かれる」と考えている女性の中には、自分のことがあまり好きではない女性もいます。

「自分みたいなレベルの人間を好きになる男性なんて嫌だ」と考えてしまっていて、好きになってくれる男性の本当の魅力を見過ごしてしまっている場合もあるのです。

「自分のことを追いかけてきている」「自分に好意があるらしい」それだけの理由で、相手のことを甘くみてしまう傾向がある女性は、一度「自分に好意を向けてくれている男性が本当に魅力がない男性なのか」を考えてみる必要があるでしょう。

さいごに


今回は、好きな人からは好かれず、興味のない男性から好意を寄せられがち、という女性の特徴について解説しました。好きな人に好かれ、好きになってくれた人を好きになるには、自分の素を出して、失敗を恐れずにコミュニケーションをはかっていく必要があるでしょう。

今来 今/ライター


外部リンク(カナウ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス