最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

再び「春の嵐」 局地的に非常に激しい雨も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
15日にかけて再び「春の嵐」。全国的に雨や風が強まり、荒れた天気に。特に九州から東海にかけて、太平洋側を中心に非常に激しい雨や雷雨となる所も。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、また強風や高波に注意・警戒を。

●沖縄・九州・四国・中国・近畿の天気

きょう14日は、前線を伴った低気圧が発達しながら黄海から日本海に進む見込みです。15日には低気圧や前線が本州付近を通過するでしょう。前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定となる見込みです。
<各地の天気>
【沖縄】14日の日中は晴れますが、夜は雲に覆われるでしょう。15日は断続的に雨が降る見込みです。
【九州】14日は次第に雨の範囲が広がるでしょう。午後は激しい雨や非常に激しい雨の降る所がある見込みです。雷を伴って荒れた天気となるでしょう。15日の明け方まで所々で雨が降りますが、次第に晴れる見込みです。
【四国】14日は昼過ぎから雨で、夜から15日の未明にかけて局地的に非常に激しく降る見込みです。15日の日中は晴れるでしょう。
【中国】14日は昼頃から雨が降る見込みです。午後は所々で激しく降りそうです。15日の午前中いっぱいは雨が降るでしょう。
【近畿】14日の夕方以降、次第に雨が降り、南寄りの風が非常に強く吹くでしょう。中部や南部の海上ではしける見込みです。強風や高波に十分ご注意ください。15日は朝まで非常に激しい雨の降る所がありそうです。雨は昼前にはやむ見込みです。

●東海・関東甲信・北陸の天気

【東海】14日は夕方から雨が降りはじめ、夜は広く雨となるでしょう。大気の状態が非常に不安定で、15日の朝まで雷を伴って激しい雨の降る所がある見込みです。特に静岡県では局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るでしょう。雨は15日の昼頃まで続く見込みです。雨量が多くなると、土砂災害の危険性も高まりますので警戒が必要です。また低い土地の浸水、河川の増水、また竜巻などの激しい突風や落雷にもご注意ください。
【関東甲信】14日は夕方以降、次第に雨が降るでしょう。15日の朝まで激しい雨の降る所がありそうです。昼頃まで雨が降りますが、次第に晴れ間の出てくる所もあるでしょう。
【北陸】14日は、午前中は晴れる所もありますが、次第に雲が広がり、夕方以降は雨が降る見込みです。15日は昼頃まで雨の降る所が多いですが、午後も降ったり止んだりする所もありそうです。

●東北・北海道の天気

【東北】14日は南部では晴れ間がありますが、次第に雲が多くなるでしょう。夜は広く雨が降る見込みです。太平洋側南部の海上では夜遅くから15日の朝にかけて大荒れとなりそうです。15日はしけるでしょう。波が高くなりますので、海岸には近づかないようにしてください。15日は一部では一日雨が降り続きますが、午後は止む所がほとんどでしょう。北部では夜遅くに雪の降る所がありそうです。
【北海道】
14日は、午前中は晴れる所もありますが、午後は広く雲に覆われて、夜は各地で雪や雨が降るでしょう。15日も午前中を中心に雪や雨が降る見込みです。


外部リンク(日直予報士)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス