最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

『タモリ倶楽部』にいかが? マニアだけが知っている「高速道路開通前めぐり」の秘かな楽しみ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


鉄道趣味には、「廃線めぐり」という種目がある。廃止された路線の痕跡を求めて歩くという高尚な趣味で、私も何度か試みたことがあるが、実は高速道路趣味(?)にも、似たような種目がある。それが「開通前めぐり」だ。

鉄道は、地方に行けば廃線だらけだで新規開通は滅多にない。逆に高速道路にはまだ廃線がなく、新規開通が続いているから、自然こうなる。

鉄道の廃線めぐりは寂寥感に満ちているが、高速道路の開通前めぐりはダイナミックだ。なにせ鉄道とは太さ(幅)が違う。4車線でも全幅約25m前後ある。巨大な構築物が、地形をすべて乗り越えてドカーンと造られつつある様は実に壮観だ。それでいて、開通前路線がどこを通るかを知っているのは、地元の人や私のようなマニアなどごく一部に限られる。つまり、秘かな愉しみの要素も濃い。

今回私は、建設中の新名神・亀山西JCTから鈴鹿PAにかけて(三重県)巡ってみた。

亀山西JCTは、山深い谷間にある。新名神を走っていると、谷底から天を衝くようなクレーンが伸び、「こんなところにJCTを造るのか!」と感動していたが、高速道路マニアなら、ここを下から眺めてみたいと思うのが自然だろう。

亀山ICから、伝説のシャープ亀山工場の脇を抜け、安楽川に沿ってのどかな道を上って行くと、突如行く手に新名神の橋梁「安楽川橋」が現れる。亀山西JCTは、この橋の中央部から北東へ分岐する形を取る。

近辺は絵に描いたような山村。素朴な屋根のバス停、その脇には桜が今にも満開になろうとしていた。建設中の巨大建造物とニッポンの原風景とのコントラストが、開通前路線巡りの醍醐味のひとつだ。

亀山西JCTの下から上を眺める。中央の太い部分が新名神の本線となるべく建設中で、分岐後すぐにトンネル(野登トンネル)に突入している。新名神は山も谷も踏みつぶすようにして進むため、開通後に走っても周辺の地形を実感することは難しいが、下から眺めると、そのダイナミックさが実感できる。

トンネルの向こう側に向かうべく、山道で峠を越える。途中には美しい棚田。開通後に新名神を走っていたら、出会えるはずもない風景だ。

進むにつれ、道は強烈に狭くなった。対向車が来たらバックするしかないが、ほとんどクルマと出会わない。それでも人家は点在している。住んでいるのは高齢者ばかりか。静寂の風景が続く。

峠を越え、人里に出たが、新名神は見えない。トンネル出口はまだ先のようだ。鉄道の廃線巡りなら各種ガイドブックもあるが、建設中の高速道路にはそんなものは皆無。この手探り感がたまらない。

もうひとつ山を越えるべく、再び山道に突入。道はさらに狭く、森は深くなった。大丈夫だろうかと心配になった頃、道の両側にフェンスが現れ、「NEXCO中日本管理地」の文字が。

「おおっ! ここはたぶんトンネルの真上!」

トンネルを掘る場合、その深さによって、直上の土地の区分地上権を買う必要がある。土地そのものを買ってしまうこともある。つまり、山中にNEXCOのフェンスが張ってあれば、そこは高速道路トンネルの直上だ。

そこから200mほど進むと、突然視界が開け、眼下に建設中の新名神がドカーンと現れた。

「うおおっ、すげえっ!」

新名神の亀山西JCT-新四日市JCT間は、今年度中に開通する予定。つまりあと1年弱だ。1年後には1日数万台のクルマが行き交い、現在の東名阪道・鈴鹿付近の恒常的渋滞も解消されるが、今はまだほとんどの人が、その存在すら認識していない。それをこうして秘かに眺めるヨロコビ!

高速道路は、トンネルや橋梁など建設に時間のかかる部分から着手するため、平野部の盛土や高架部がそれなりの姿になるのは、せいぜい開通の2年前あたりから。あまり“若い”と、ただ杭が打ってあるだけだったりするので、熟した頃に巡るのがキモ。開通1年前なら完熟期である。つまりこれは、知られざる名桜のつかの間の満開を見に行くような趣味なのでした……。

取材・文・写真/清水草一

【清水草一】

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com


外部リンク(日刊SPA!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス