絶景ポイントが満載!日本屈指の高原ルート「ビーナスライン」で初夏のドライブ

Walkerplus

2018/4/14 07:00

2018年も新緑の季節を迎え、おでかけ日和が続く今日このごろ。「休日はどこかにドライブでも行こうかな」と考えている人も少なくないのでは。今回はそんな人におすすめな、長野県の高原ルート「ビーナスライン」を紹介したい。東名高速道路・名古屋ICから車で約2時間30分で行くことができ、絶景も楽しめるこれからの時期にぴったりのルートだ。

■ 日本屈指の観光道路「ビーナスライン」

JR茅野駅前の県道192号線を起点に、蓼科(たでしな)高原、霧ヶ峰を駆け抜け、美ヶ原(うつくしがはら)高原まで続く全長約76kmの「ビーナスライン」。日本屈指の王道ドライブルートとして有名だ。リゾート地の白樺湖周辺や、勾配のあるワインディングロードを抜ける車山など各スポットで異なる景観が楽しめる。平均標高は1400mもあり、初夏の季節は約200種類の高原植物で彩られる。散策路のあるスポットが多いので、車を止めて、自分の足でゆっくりとフラワートレッキングを楽しもう。

■ 編集部おすすめの立ち寄りスポット5選!

編集部おすすめの立ち寄りスポットもご紹介。1990年に開園した「蓼科高原 バラクラ イングリッシュガーデン」(長野県茅野市)は日本初の英国庭園だ。気品あるバラが優雅に咲き誇り、6月21日(木)から25(月)までは1年で最大のイベント「第28回バラクラフラワーショー:英国園芸祭典」が行われる。

全長6㎞の渓流沿いに4つの滝がある景勝地「横谷峡(よこやきょう)」にも訪れてみよう。マイナスイオンに癒される遊歩道を歩いて、滝巡りができる。遊歩道入口から徒歩5分ほどに位置する横谷観音展望台からの眺望は抜群だ。

東京ドーム45個分の牧草地が広がる「長門牧場」(長野県長和町)では、動物との触れ合いや牧場グルメが楽しめる。新鮮な生乳を牧場で加工したモッツァレラチーズを使う、マルゲリータピッツァ(1400円)や、乳製品などが人気。

標高1600mから1900mまでの地点にある「車山高原」は、遊歩道が整備されハイキングも楽しめるスポット。北・中央・南アルプスを望む山頂へは展望リフト(大人、往復1600円)で向かおう。

長野県上田市にある「美ヶ原高原美術館」では、大自然のロケーションを生かした彫刻作品を野外展示。広大な敷地で約350点の彫刻作品が展示され、なかには高さ14mにもなる巨大彫刻もある。駐車場からは「美しの塔」方面に向かう美ヶ原パノラマコースというハイキング道があり、散策を楽しんでみるのもおすすめだ。(東海ウォーカー・東海ウォーカー編集部)

https://news.walkerplus.com/article/143555/

あなたにおすすめ