NGT48北原里英、最近「キュンとしたナンパにあった」

Entame Plex

2018/4/14 02:13



4月13日、AbemaTVで『必殺!バカリズム地獄』が放送された。

同番組は、“ヤンキー鬼”に扮したお笑い芸人・バカリズムさんが、様々な女性たちが経験した“鬼ギレ”エピソードを吟味していく1時間のレギュラー番組。

今回は、ゲストにNGT48の北原里英、『ミスFLASH 2017』の池田ゆり、元乃木坂46の宮沢セイラ、グラビアアイドルのわちみなみを迎え放送した。

オープニングでは、バカリズムが「この春NGT48を卒業する北原里英さん」と紹介したところ、北原は「もうすぐですね。10年やっていたので、“とうとう終わるんだ”という気分。いよいよ卒業コンサートが待っているので、多分そこで泣くと思います」と話したところ、バカリズムが「涙出ます? 出なかったら最悪じゃないですか? 今までも、みんなちゃんと出してきているし」と突っ込み、これに北原は「泣けないパターンもあると思っています。結構不安ではある。頑張ります!」と、卒業間近の心境を語った。

また、街行く人の「ネタでナンパしてきてんじゃねえ! ナメんなよ!」の“鬼ギレ”エピソードを受け、北原は「ついこの間、キュンとしたナンパにあった。有楽町のナンパの多い場所で声をかけてきた人がいて、ギリギリおじさんかな? くらいのすごく清潔感のある方が、『すいません。こんなおじさんで良かったら、一杯行きませんか?』と、謙虚に言ってくださって、おじさんと言うほどおじさんでもないのに、へり下っていて、本当に危うく“お付き合いしてあげてもいいな”と思ったくらい好印象だった」と明かしたところ、バカリズムが「次から、その手口いっぱいきますよ」と突っ込み、スタジオに笑いが起こった。

続いてゲストの皆さんに、“鬼ギレ”したエピソードを聞いていくと、北原は「私はAKB48グループなんですけど、AKB48は、次の日の連絡が本当に遅いんです。前日の夜11時とか、寝たいのに連絡がこないから寝られないとか結構ある上に、前日に、次の日水着にならなきゃいけなかったりする。ご飯とか食べるとお腹が出ちゃうから、本当は1週間前から調整したいのに、そういう連絡が本当に遅い」と怒りを露わにした。

すると、元乃木坂46の宮沢も「連絡がこなくて、寝られないことはありました。ギリギリまで決まらないんだと思います」と話し、バカリズムが「わざとそうしているんですかね?」と聞くと、北原は「多分、本当に前日までメンバーが決まらない事が多いんだと思います。歌って踊るので、やっぱり自分が覚えるポジションがあるじゃないですか? そのポジションだと思って、次の日、歌番組に行ったら、『誰々のポジション』とか言われたりする事も結構あった。そんなのとも、もうお別れなんですけど…」と、AKB48グループの裏側を暴露する一幕もあった。

(C)AbemaTV

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス