最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

作曲家・新垣隆、中山美穂の隣でしどろもどろ「もうムリです…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画『蝶の眠り』のプレミア試写会が12日、都内で行われ、主演を務める女優の中山美穂(48)らが出席した。

中山演じる遺伝性のアルツハイマーに侵され記憶を失っていく小説家と、執筆活動を手伝うことになったキム・ジェウク(35)演じる韓国人留学生との、年の差を超えた純愛を描いた物語。

約5年ぶりの主演映画となる中山は「(韓国のチョン・ジェウン)監督からとても長いお手紙をいただいて、とにかく熱い思いで、それも日本語で書かれてあったんですね。それにとても感動してお引き受けしようと思いました」と出演の経緯を明かした。

今作で音楽監督を務めたのは、2014年のゴーストライター騒動で注目された新垣隆(47)。中山と同い年(1970年生まれ)だそうで「私の方が皆さん若いと思っていらっしゃるんじゃないかと思うんですが、実は同い年。もうすみません…こんなことを言って。多分口を聞いてもらえないんじゃないかと思うんですけれど」としどろもどろにコメント。中山の隣で終始落ち着かない様子で「デビューされたころから、みんなのアイドルでいらっしゃる中山さんですので、中々ちょっと…」と理由を明かした。司会者に「新垣さんの目がまったく中山さんに合っていない」と指摘されると「もうムリです…」と漏らした。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

▶︎ 放送済み『けやきヒルズ』の映像は期間限定で無料視聴が可能。

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス