最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

岩田剛典、「表現の世界には正解がない」 目標は自分の幅を広げること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「あまりネガティブに考えずに、初めての連ドラ主演ということで、やっぱり思いっきり楽しみたいです」。笑顔でそう語るのは、EXILE/三代目J Soul Brothersのメンバーで、俳優としても活動中の岩田剛典だ。2018年は主演映画の公開も相次ぎ、役者業にますます磨きがかかる岩田に、戸田恵梨香や浜辺美波と共演する主演ドラマ『崖っぷちホテル!』の撮影秘話や、彼が特別な思いを抱く場所について話を聞いた。

【写真】岩田剛典、『崖っぷちホテル!』インタビューフォトギャラリー

落ちぶれた老舗ホテル“グランデ・インヴルサ”で働く従業員たちが、かつての評判を取り戻そうと奮闘する姿を描く本作。従業員たちが変わるきっかけとなる謎の訪問客・宇海直哉に扮する岩田は、「適当な行動を取っているように思えるんですけど、実は核心を突くキャラクター。大事なことだけは外さない魅力があります」と役柄を解説。「台詞量が思ったより多くて、やばい(笑)」と本音をこぼすも、「『また宇海直哉が見たいな』と思ってもらえるチャーミングさを足していけるように。台詞回しやどういう動きをするのか、そういうことを考えながら、いろいろと今まで以上にチャレンジしている気がします」と話す表情は明るい。

劇中では、ドが付くほど真面目な総支配人・桜井佐那役の戸田、天然なパティシエ・鳳来ハル役の浜辺など、個性的なキャラクターたちとの掛け合いが見どころだ。「皆さんのお芝居とキャラクターのアクの強さは、本を読んだ印象よりさらにパワーアップしている」という岩田は、「もともとやろうと思っていた演技プランなどに、現場でよりクセを足すというか。皆さんのエナジーに負けないように、自分も現場で宇海直哉という役を、想像を膨らませて変化させていっています」と明かす。多彩なキャストの座長を務めることに関しては「あまりネガティブに考えずに、初めての連ドラ主演ということで、やっぱり思いっきり楽しみたいです」と白い歯を見せた。

佐那をはじめ、登場人物たちは“グランデ・インヴルサ”にそれぞれ特別な思いを抱いているが、岩田自身は、新宿のとあるビルに特別な思いを持っている。「ダンスにどっぷりはまっていた時に、スタジオを借りるお金もないので、夜な夜な自分の姿が映る窓をミラー代わりにして、毎日朝まで踊っていました」。その下積みを経て、EXILE、三代目J Soul Brothers加入後は、多彩な映像作品に顔を見せてきたが、今年は主演映画も相次ぎ、まさしく波に乗っている。「経験が少ない少ないと言い続けてきて、気が付いたら、まあまあやらせていただいているという(笑)。なんとも言えない難しい時期だったりするんです」と自嘲する彼は、「やっぱり挑戦する気持ちはずっと持っていたくて。このタイミングでゴールデンの連ドラをやらせていただけるのは、一つの目標でしたし、そこに対しての昨年の積み重ねもあったのかな」と充実の表情で語る。

最後に、役者として目指すものを聞いた。「幅広い役柄が演じられるようになりたいですね」と答える岩田は、「表現の世界で生きていると、正解がない」と前置きしつつ、「自分の幅を広げることが、表現者としては一つの目標でもあり、それがモチベーションにもなるのかな」と考えを述べる。戸田や浜辺に加えて、ベテラン俳優やお笑い芸人も物語を彩る本作で、岩田はどんな演技を見せ、座長としてキャストを引っ張り、役者としての幅を広げていくのか。その一挙手一投足に刮目したい。(取材・文・写真:岸豊)

ドラマ『崖っぷちホテル!』は日本テレビ系にて、4月15日より毎週日曜22時30分放送。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス